これまでの記事

凄い!ブースづくり 感動・価値ある展示を提案

ゼンシン

2014年12月31日

ゼンシン(TEL 075・748・6039) は、中小企業向けに感動・価値のある展示ブースを提案する。
劇的なコストダウン、集客効果倍増、時間短縮、環境保護を実現する「凄いブース」で、海外展開も始めた。

組み立て式のこのブースは、捨てずに何回でも使えるのが特色。
軽くて持ち運びができ、1コマならわずか 10 分で完成できる。時間と経費が大幅に削減、展示ブースに革命を起こそうとしている。

3年前からハードの特色にソフトを加え“ブースを売る”から、“展示会
の成功を売る”システムを完成。パッケージ化した「凄いブース」(商品名)を展開。

展示会前にはWebやSNSを活用した集客、展示会では一瞬で伝わるビジュアル、キャッチコピーを提案する。
展示会終了後、5 段階にランク付けした来場者に応じたフォローをする仕組みも提供。ネットでニーズに合わせた詳細な注文が出来る
アプリも開発している。

パッケージ料金は 1 コマ 6 万9800円からと破格の値段で中小企業をターゲットにする。人を引きつけ、効果の出る展示会を提供、年間約540社の展示会ブースをサポートする。

年商は3億4000万円、創業以来増収を続ける。
平成25年12月にはドバイに事務所を設置し、中東地域での日系企業の展示会を支援。今後はシンガポール、タイにも事務所を設置して中小企業のアジア進出をサポート。2020年には株式上場を目指している。

※プロフィール=創業は2001年。京都市南区上鳥羽南花名町の拠点を置く。創業者前田雄一社長が凄いブースを始めたきっかけは、展示会関連の仕事をしている時。「展示ブースはフェアが終わると廃棄処分にされているのを見て、これはもったいないと思いました」と。環境保護にも役立つ商品だ。

ご案内

◎11月1日・明るい職場をつくる!明るいセミナー第44回

お問い合せ 私の読み方

◎販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE
・ジュンク堂大阪本店

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113