竹原編集長の明るいコラム

免疫家具で健康を考える (Free)

2010年9月11日

◎カラダにエエもんらしい

健康に関するビジネスが本当にたくさんあります。テレビの宣伝を見ていても、コラーゲン、ヒアルロン酸からマイナスイオンまであふれています。

あれだけマスコミで流されているので、聞き覚えはあります。でも、それが一体どんなものか、と言われるとほとんど説明できません。ただ、カラダにええもんらしいな、という程度です。

◎科学的立証が難しい

ボクの取材でも、血液の流れをサラサラにします、リンパの流れを良くします、気を高めますと、説明される社長さんもおられます。が、どうしてそうなるか、科学的な立証となると、なかなかできていません。いわゆる、エビデンスというやつです。

◎家具に免疫力をつける

もっとアナログっぽい、感性に訴えるものもあります。先日取材しました奈良の家具屋さん、免疫家具を“売り”にされていました。なかなか、インパクトのある言葉です。でも、何が免疫か?よく分かりません。

早速、お店の方にお聞きしました。「どうして免疫なのですか」と。そうしたら、「こちらにある健康食品です」と、ボトルに入った飲料水を見せられました。「これ飲めば、免疫力を高めてくれます。元気になります」と。お茶の代わりに、飲ませていただきました。ジュースのようなものですが、免疫効果が上がったかどうか、定かではありません。

ところで、免疫家具です。お話を聞くと、この免疫水を倉庫内で噴霧し、家具にかけるそうです。そうすると、家具に免疫力がつき、その部屋で生活すると、元気になれるというわけです。

◎モーツアルトを聴かせた建材

店内には、この免疫家具がたくさん並んでいました。「今の時代、家具はなかなか売れません。ヨソとは違う何か付加価値をつける必要がありました」と、解説してくれました。うーん、なるほどです。

それで、思い出しました。家具以外でも、同じようなところでビジネスをされているものがありました。建材です。ある会社さんでは、材木にモーツアルトなどの音楽を聞かせてから使用するというものです。

そのときの記憶では、確か建材に使うと、曲がりにくい、アレルギー疾患の人でも住み易くなると言った話でした。

◎健康水でイチゴが甘い

このほか、電気イオンの健康水で農作物を育てている農家の方もありました。「イチゴがすごく甘くなりました」と、自慢されます。まあ、本当にいろんなものがいっぱいあります。

科学的な立証は、ほとんどありませんが、なにやら健康に良い気がします。人間のメカニズムはまだままだ解明されていません。要は自分の気持ち次第でしょう。「これはエエと、自分でどれだけ思えるか、そこが一番大事だ」と思いました。


▶▶▶▶▶▶【YouTube】2/7^UP


▶ITACのフォーラム2/29


▶関西ものづくり新撰セミナー3/13


CAPABLE 社長 河原洋逸さん

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113