これまでの記事

元気経営 楽しい人材育成 不思議いっぱい!「二分の一休(Q)たち(s)で」

日新化成工業

2016年4月 5日



 日新化成工業(TEL;06・6305・2681)は、遊び心のあるスローガンで3ヵ年の経営計画を立案、楽しい人材育成で元気な経営を進める。2016年度からは、『Ni s sin Zoo を「二分の一休(Q)たち(s)」で不思議いっぱい!』でスタートした。

 「勝ち組企業にはなぜかお客様を引き寄せる不思議があります。その不思議を呼び込む発想が動物園です」と片岡洋一社長。2016年度から打ち出した新3ヵ年のスローガンは、『Nissin Zoo を「二分の一休(Q)たち(s)」で不思議いっぱい!』。

 結果を出すには、お客様の話を聞く、聴く、訊くことから始まり、その個別対応の中で気の利く提案を瞬時に出していくことが、顧客の信頼を勝ち取る唯一の方法と解説。2分の1はHALF で、Hear、Ask、Listen とFast の頭文字。一休のQもQuickly を意味する。“二分の一休”となり、トンチ力のある一休さんのチエの半分でも出して欲しいと呼びかける。

 この考えに基づいて、社内を産業資材、特販、セールスプロモーションなど4つのグループに分けて、社員それぞれがイルカ、ポニー、カモシカ、忍者などに見たてて自己目標を設定する。イルカ社員は、イルカが泳ぐように素早く正確に問題に対処する。忍者社員は、身を忍びながら仕事をこなし、超人的な忍耐力と精神力でスキル向上を目指すというわけ。

 「イメージして分かりやすいスローガンが大切。社員が出した目標は尊重し、口出しはしません。社員が成長することで会社も成長します」と、人材を一番に挙げて社員が成長する職場環境づくりにチエを絞っている。




ご案内

◎9/03(火)・価値を造る経営革新
◎8/29(木)・関西オープンファクトリーシンポジューム

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 



YouTube
日本一明るい
経済新聞
2019年8月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113