竹原編集長の明るいコラム

『経営者には予知能力が必要だ!』(Free)

2017年3月18日

◎変化の激しい時代

最近の変化は、本当に激しいです。今まで儲かっていた業界でも、何かの変化で流れが変わると、ピタッと売れなくなってしまいます。
とくに言われています第4次産業革命。AI、Iot、ロボット、ビッグデータ、シェアリングビジネスと、今後の発展仕方で、一気に流れが変わることになりそうです。

◎モノづくり構造が変わる

AIで無人運転が出来るようになると、タクシー業界、運輸業界が激変します。まだ、ほとんどの経営者さんは半信半疑ですか、トヨタや日産などは莫大のお金を投資して本気で考えておられます。
また、自動車だってガソリンで動く時代から電気で動く時代に変わりつつあります。そうなると、日本の下請け、モノづくりの構造も大きく変わります。レシプロエンジンだからこそ、たくさんの部品を必要としますが、モーターになれば部品の構造も違ったものになるのです。

◎新本社工場を完成

町工場の自動車関連部品工場さんは、しっかりと先行きを考えておかないと、えらい目にあってしまいます。先日、訪れた下請け工場さんは、黒字経営の元気な会社でした。
新本社工場も完成され、生産設備を増強されていました。従業員は約30人程度のコンパクトなモノづくり企業。大型の構造部品を生産されておられます。

◎早くも次の仕事とは

元気経営の秘密をお聞きしました。そうしたら、「時代の流れを読むことですな」と自信満々におっしゃいます。産業界、大手企業がこれから、どんなものに注力しようとしているか、そこを予測すべきと言われます。
こちらの会社、今は焼却場などの設備関連部品を手がけています。需要があり、仕事は順調なようです。でも、社長さんは早くも次の仕事のことを考えておられました。

◎原子力発電はもうアカン

「もう日本では原子力発電は終わりましたな。この関連の仕事は、もうありませんよ」と、きっぱりおっしゃいます。ちょっと待って下さい。この間まで原子力産業は将来の花形。技術力を高めて、皆さん原子力産業への進出を検討されていたほどでした。
でも、原子力発電はもうアカンとおっしゃいます。「今の原子力発電の問題を見ていると、もう新しい原子力発電は出来ません」と。それに代わるエネルギーとは何か、いち早く見つけて、それにあった生産体制を整備する努力をされています。

◎米国トランプ大統領も当てた

「ボクはずっと次の動きを察知して、モノづくりに取り組んで来た事で黒字経営を実現して来ました」と自信を持っておられます。経営者にはこういう先を見る目がいるのです。
ある種の占い師、未来学者のような予知能力が、経営者にも必要です。この社長さんは、米国トランプ大統領の当選も予知されていたそうです。

ご案内

◎5月22日・【NHKテレビ】おはよう関西・元気な中小企業に出演

お問い合せ 私の読み方

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113