これまでの記事

活かせ!AI、IoT  世界初!ゴルフクラブ  スピーディーに上達  海外市場にも販売

I&L

2017年9月 1日



 I&L(TEL;06・6829・6273)は、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を応用した世界初のゴルフクラブを開発、本格販売した。賢くなったドライバーとパターでスピーディーに上達出来るとゴルファーの話題を集めている。

 「センサーや電子回路をクラブに内蔵し、ゴルフクラブを賢くしました」と、社長で工学博士の岩橋正義さん。ゴルフクラブにIoTとAIの発想を持ち込むことに成功した。

 岩橋さんはシャープ、クボタなどの大手企業に勤務、その後、61歳で起業。現在スタッフは4人。システム開発の受託業務を行う一方、ゴルフクラブのIT化の研究開発に取り組む。

 ドライバー「スマートショット」は、ヘッド内部に内蔵されたセンサーによりフェースのどの位置に当たったか? 瞬時に打点が分かる。スマートフォンに専用アプリをダウンロードすると、ドライバーとネットでつながり、ゴルフ上達に必要な情報をスマホで簡単に得られる。

打点位置のほかヘッドスピード、飛距離、ヒットスピードやスピード変化、フェースターンのタイミングなども確認。グリップに電池が内蔵され、見た目も握った感触もクラブ仕様も通常のドライバーと変わらない。

 ゴルファーがスイングすると、自ら判断してスイッチをオン、計測出来る体制を取る。このドライバーでプレーすると、各コースごとのデータが収集、そのデータを分析すれば、その場でクセを改善しスコアアップにつながるという。

 一方、パター練習機は、パターのヘッド部分に電子回路と電池を組み込み、フェースには27個のLEDランプを取付けている。グリップ部分には小型カメラを内蔵、カップ位置を認識してフェースの正しい向きをLED表示で教えてくれる。

 これらのクラブは、海外サイトでも販売開始予定。

詳細は
http://www.iandl.jp/
http://www.iandl.jp/smartshot/

ご案内

お問い合せ 私の読み方

◎販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE
・ジュンク堂大阪本店

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113