竹原編集長の明るいコラム

『新発想で2018年に挑戦!』(Free)

2018年1月 6日

明けましておめでとうございます。今年もこのコラムよろしく願いします。

◎スタートして18年

産経新聞グループを退社、日本一明るい経済新聞を本格的にスタートして18年目になりました。
お陰様で多くの人に支えられ、ここまで続けることができました。これからも新聞発行だけでなく、いろんなことに挑戦したいと思います。

◎モノづくり大国から変化

新年の新聞もAI、Iot、ロボットなどの活字が躍っています。世の中、どんどん変わって来ました。その時代の変化にどう対応し、進化できるかが問われます。
日本はこれまでモノづくり大国と呼ばれ、高品質の製品を世界に輸出して来ました。それが、日本の誇りでもありました。でも、時代の変化で、そうでも無くなって来たのです。

◎モノづくりだけでない

マイナスの見方でいうと、中国をはじめとするアジアがモノづくりで力をつけてきたため、日本の競争力が弱まったことが挙げられます。プラス面では、日本の観光の魅力が世界から認識、モノづくりだけでないことが分かって来ました。
 近の急増する訪日外国人観光客を見ていると、これからはモノづくりだけではないことを実感します。AIなどもIT関連、健康、癒しビジネス、インバウンドビジネスなどが注目されそう。

◎お金の使い方変わる

 消費者のお金の使い方も大きく変わって来ました。今までなら、手にしたお金で家電製品、自動車、家などのモノを購入していました。豊かになった今は、生活に必要なものはある程度揃っています。
 はや、欲しい生活必需品的なモノはあまり必要無くなっています。どっちか言うと、邪魔です。要らないモノを捨ててシンプルに暮らしたいのです。

◎好きなものにお金を使う

でも、もったいないから捨てられないだけ。自分では捨てられないので、人が代行して捨てるビジネス、片付け屋さん、整理屋さんのビジネスまであります。
モノに代わるのが、趣味やレジャーの世界です。消費者はそちらにはお金をつぎ込みます。食事を削ってでも、好きなことを楽しもうとされます。

◎楽しむ消費の時代

こらからのビジネスはこちらでしょう。生きていくための消費から楽しむ消費の時代です。日本だけでなく、アジア全体にその動きになりつつあります。
人を楽しませるにはモノだけでなく、癒し、感動、精神的な充足です。健康もその領域に入ります。実は日本は、この領域でも得意分野です。

◎絵に描いた幸せはない

子供の教育も今までとは違って来ました。勉強ができて有名国立大学へ進学。大手企業に入って幸せな生活。そんな絵に描いたような幸せは、どこにもないことに気づきました。
ゲームは今やeスポーツとなり、年収何千万円も稼ぐ、プロが出ています。大手企業の社員より、良い収入です。

◎女子高生がアイドルに

ダンス好きな女子は、ダンスをやれば良いのです。高校のダンス部の女子学生が、紅白に出場しアイドルになろうとしています。
モノづくりと同じで勉強だけではありません。世の中変わっているのです。新しい発想で2018年に挑戦したいと思います。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年12月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113