これまでの記事

桜力を咲かす!  チョコレート工場も建設  おもてなし精神で接客  中庭を囲む席づくり

桜 珈 琲

2018年1月15日



 桜 珈 琲(TEL;072・290・0500)は、コーヒーだけでなくカフェ経営に必要なパン、ケーキ、焼き菓子と全て手作りを心掛ける。“おもてなし精神”での接客サービスや、中庭の桜を囲む席づくりから醸し出す空間は、人々の心に“桜力”を咲かせている。

 2006年に堺市鳳に第1号店をオープン。今では桜珈琲店8店舗と桜ベーカリー、菓子工房桜、焙煎工房 桜などを展開する。「父が始めたカフェを進化させ、日本人が愛する桜をコンセプトにした新タイプの珈琲店です」と東城栄子社長。

 8店舗は、全て中庭を設けてしだれ桜が植えられ、ガラス張りの店内から眺められる。とくに、春の季節にはライトアップされた桜がお客様から大人気だ。65-70席の店内は広く、ゆったりした空間の中で、時間を過ごせるのも魅力。

 コーヒーにもこだわる。焙煎士が現地に出向き、選び抜いたスペシャルティコーヒーを直接買い付ける。カウンターには厳選したコーヒーカップも並び、好みのカップでいただくことも出来る。

 パン、菓子の新商品づくり、さらにパッケージ、リーフレットなどもスタッフが一丸となってこだわるのは桜の本気度。「お客様の“笑顔”に支えられここまでやってこれました」と。手押しのドアが自動ドアの様に開くなど、お客様の期待を一歩越える感動を創り続ける。

 心のこもったおもてなしを社長先頭に社員、パートスタッフ全員で熱い取り組みを実践する。

 堺市南区の本社隣接地に平成29年11月末チョコレート工場を完成。ショップも設けて、チョコレート事業にも本格進出した。「大阪南部から今後はお客様のニーズに合わせて北エリアへも出店したい」とここ数年で2-3店舗の展開を検討している。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年10月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113