明るいトピックス

人気の観光スポット  庭園の長寿の松を管理    荒井義昌住職が奮闘

満月寺浮御堂

2018年1月22日

 臨済宗大徳寺派満月寺浮御堂(TEL;077・572・0455)は、琵琶湖畔にある滋賀県でも人気の観光スポット。荒井義昌住職は施設を守り続け、庭園の“長寿の松”のように、その維持管理に奮闘中だ。

 滋賀県大津市堅田。995年頃源信(恵心)僧都が湖上安全と衆生済度のために建立されたと言われる。自ら一千体の阿弥陀仏を刻んで「千仏閣」「千体仏堂」と称した。

 近江八景の1つ「堅田の落雁」としても有名。山門をくぐると、左に観音堂、右に本堂があり、高樹齢の見事な枝ぶりの松が庭を飾る。その奥、湖上に浮かんで見えるのが浮御堂だ。

 「26歳で住職を引き継ぎました。お庭の松を枯らさず、浮御堂をしっかりお守りすることに全身全霊をささげてきました」と荒井住職。30年以上にわたって浮御堂を守り続けている。

 古くは一休和尚、蓮如、芭蕉、一茶、広重、北斎と詩歌、絵画を残す。今もテレビのロケ地の1つとして使われている。観光客も年間6万人にのぼる。特に7-8年前から荒井住職のネットワークから台湾からの観光客も増えているという。

 拝観料は300円。最近では若い人も訪れ、インスタ映えの景色をSNSで発信する。また、朱印の依頼も多く、終日大勢の観光客で賑わっている。

ご案内

◎【ピックアップ・明るいコラム】/毎週更新!/
◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/
◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!/

お問い合せ 私の読み方

◎販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE
・ジュンク堂大阪本店

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113