これまでの記事

キレイづくり徹底追求 クリーンルーム用衣服洗浄 独自用品も販売 スケルトンバッグや粘着マット

関西C..I.C研究所

2018年1月26日



 関西C..I.C研究所(TEL;072・948・1461)は、クリーンルーム用衣服の洗浄を専門に行う。スケルトンバッグや粘着マットなどの独自の用品も販売、産業界のクリーンを徹底追求する。

 日本CIC研究所(東京)は、全国でクリーンルーム向けの衣服のクリーニングを展開。同社はFC店の第1号で、昭和53年からスタートした。

 大阪府八尾市と兵庫県西脇市に工場を持つ。半導体、医薬品、食品工場などの歩留まり率を改善したり、製品への異物混入防止のためにクリーンルーム内作業者の衣服を、純水でクリーニングする需要が増えている。

 衣服のほか、クリーンルーム内で使用する容器やボトル、ガラス瓶なども洗浄。近畿地区をエリアに顧客数は1000社以上にのぼっている。

 一方、同社独自の事業も行う。靴底の埃を捕まえるCICクリーン粘着マットに続いて、透明素材のスケルトンバッグも開発、販売する。

 「中身が確認できるので、クリーンルームに必要のないものをチェックでき便利です」と酒木敬司社長。年間数1000個の販売実績を誇るヒット商品になっている。

 業績は2ケタの伸びを見せ、年商は6億円弱。自社オリジナル商品を含めたクリーンルーム用品の比率が3分の1に上る。

 本社事務所周辺には、「クリーニング店が少なく地元の方に不便」と、ホワイト急便のクリーニング店も経営。地元のキレイづくりにも貢献している。

ご案内

◎2月26日・明るい職場をつくる!明るいセミナー第45回

お問い合せ 私の読み方

◎販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE
・ジュンク堂大阪本店

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113