これまでの記事

地域密着の印刷業 “堺と紙”をコンセプト 堺を象徴する図案「堺柄」 地域貢献活動も

ホウユウ

2018年5月12日



 ホウユウ(072・227・8231)は、“堺と紙”をコンセプトに地域密着の印刷業を進める。地元でイベント開催、紙カフェを運営する一方、堺を象徴する図案「堺柄」を制作、地域貢献活動に力を入れている。

昭和50年創業、堺区海山町に本社事務所を置く印刷会社。「デジタル化の中で社内改革を図る一方、堺出身の与謝野晶子百首かるたを制作したことで地元意識が強まりました」と田中範子社長。

 約20年前に地域情報サイト「つーる・ど・堺」
http://toursakai.jp
を開設。長女田中幸恵専務が担当、堺・南大阪の文化情報などCSR活動の一環で発信する。

 本社敷地では、ペーパーフリーマーケットを開催。余った紙を低価格で提供、紙細工、ミニ絵本制作などのワークショップも行う。春と秋の年2回開催、約400人集まる人気のイベントになった。
 堺区市之町東2丁(山之口商店街内)に紙雑貨販売の「紙カフェ」をオープン。次女の松永友美さんが店主で頑張る。

一方、「堺の土産物を応援したい」と、古墳、自転車など堺らしいモチーフ19種類を図案化した「堺柄」を作成。商標登録して、堺の商品・製品企画に広く活用してもらうプロジェクトを進める。

企業や自治体関連がブックカバー、パッケージ、イベントチラシなどに採用、堺の地元活性化に貢献中。堺かるたの会事務局も担う。こうした活動が、印刷の仕事にもつながっているという。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube【明るいチャンネル第1】

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113