これまでの記事

大豆畑から納豆まで! 直売所と食堂を併設・定期配達便サービス・ 地域の元気づくりにも

能勢町の山口食品

2018年7月 7日



山口食品(072・739・2336)は、大阪府豊能町で大豆畑を持ち、納豆まで一貫して製造販売を行う。直売所と食堂を併設、地元農産物の販売、納豆ランチ、納豆食べ放題と人気を呼んでいる。

豊能町余野、山の中にある納豆屋さん。入り口には「山口納豆」の看板が置かれている。大阪市内で創業し63年の歴史を持つ。「こちらに移転して30年になります」と、3代目の山口宗太郎さん。
地元では山口納豆として知られた存在。山口さんは、グリーン豊能の略である“ぐりとよby山口納豆”をアピール。美味しい大豆、納豆を通じて地域の元気づくりにも取り組む。

山の中でつくられる納豆。スーパーだけでなく、一般消費者への直売にも力を入れる。その1つが、「ぐりとよエクスプレス」の納豆定期配達便サービス。
北摂エリアを中心に、毎週、隔週、月1回のペースで新鮮な納豆を500円から無料で宅配。会員は約600人で、出来立て納豆、地元の野菜なども提供している。

一方、3年前には本社工場と直売所に隣接して食堂を建設、土日、祝日のみ営業する。自家製の納豆、豆腐を素材にした納豆ドリア、納豆どんぶり、大豆のキーマカレー、おとうふどんぶり、納豆ごはん定食などのメニューが並ぶ。
ランチメニューは500円からで、納豆食べ放題の嬉しいサービスもある。大勢のお客様で賑わい、売り切れメニューが続出する人気となっている。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


 YouTube【明るいチャンネル第1】

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113