竹原編集長の明るいコラム

『再生医療でソリューションビジネス』(Free)

2018年7月14日

◎恥ずかしいことがビジネス

恥ずかしいことは、ある意味ビジネスになります。背が低くて恥ずかしい。そんな男性には、背が高くなるシークレットシューズが人気です。ちょっとでも、背が高く見えるなら、少々お高い靴でも買ってくれます。
ゴルフが下手で恥ずかしい。こんな方なら、ゴルフが絶対上手になるゴルフ教室があれば、高くても通います。恥ずかしいを解消してくれるなら、あまりお金を気にせずに試してくれます。

◎ハゲ市場が男性から女性へ

その1つにハゲがあります。これまでハゲは男性の専売特許と思っていました。が、どうやら最近では違ってきたようです。テレビのCMを見ているとすぐに分かります。
これまでは、カツラは男性の商品でしたが、今は女性のカツラ、ウイッグが人気。有名女優を使ってバンバン宣伝されています。カツラはあっという間に、男性商品から女性がメインになってしまいました。

◎美容室が発毛サロン

カツラだけではありません。発毛も女性がターゲットになって来ました。先日、取材しました美容室。新規事業として始められたのが発毛サロンでした。
約70年の歴史を誇る美容室です。その2階に昨年9月に再生医療の発毛専用サロンをオープンされました。「ヒト由来幹細胞培養液とLEDの光で発毛を促す最先端の技術で、まだ始まったばかり。関西で施術できるところはほとんどありません」と、オーナーさんは、自慢されます。

◎ほぼ100%に結果

まずは、マイクロスコープで頭皮をチェック、炭酸シャンプーで毛穴の汚れを除去、ヒト由来幹細胞培養液、赤色LEDライトで頭皮をケアする仕組みです。「施術時間は1時間半で、これまで来られたほぼ100%近いお客様に結果が出ています」と、発毛には自信満々です。
3カ月コースと6カ月コースがあります。当初は週2回通ってもらい、その後は炭酸シャンプー、培養液、ハンディタイプのLED機器をプレゼント、自宅でも施術出来る仕組みです。

◎男性はハゲで女性は薄毛

認定発毛診断士の資格を持つスタッフがマンツーマンで徹底サポートされます。お客様の中心はやはり女性だそうです。
お年を召されて薄毛に悩んでおられる美容室のお客様が、2階で発毛の施術を受けられます。男性の場合はハゲですが、女性は薄毛です。

◎専用入り口からサロンへ

こちらのサロンでも、女性のお客様だけでなく、男性のお客様にも対応されます。特に男性は恥ずかしい方が多いので、美容室とは別に発毛サロン専用の入り口があり、2階の施術室にダイレクトで行けるようになっています。
女性客だけでなく、企業経営者など男性客も訪れるようです。最先端の再生医療が、いよいよ薄毛、ハゲの恥ずかしさを解決するソリューションビジネスになって来たようです。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年12月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113