これまでの記事

“生野工場”職人さんバトンリレー生産

シューズミニッシュ

2018年8月 1日



世界へ“リゲッタブランド”を発信

 シューズミニッシュ(06・6755・2430)は、地元のサンダルに携わる職人たち約400人と連携、“生野工場”のバトンリレー生産を構築して元気なシューズビジネスを展開。設立50周年を迎え、世界へ“リゲッタブランド”を発信する。

生野区にはサンダルの加工を担う方々が密集する。今年3月に設立50周年を迎えたシューズミニッシュは、その中の1社だがひときわ活躍、地元サンダル業界の牽引役を果たしている。

「下請け加工から2001年にメーカーに脱皮、リゲッタブランドを商品化しました。私自身がデザインしたゲタの機能性を見直したサンダルです」と、2代目の高本やすお社長。家族5人でスタート、リゲッタブランドが起爆剤となり、今では従業員約120人の会社に成長する。

東京のギフトショーに出展、通販業界向けの販売ルートを開拓して、独自ブランドを全国に浸透。2009年には、「リゲッタカヌー」ブランドを発売、メディアで話題を呼び独自市場をつくりあげる。

サンダルの製造工程は裁断、ミシン、圧着など約30-40工程があり、ほぼ生野区の業者の力を借りてつくりあげる。「同業のメーカーさんとも連携しており、400人の職人さんがリゲッタブランドに加わってもらっています」と。

社内でデザイン企画し、地元の各業者と一体となった“生野工場”で完成品に仕上げ、同社で最終検品して出荷。この2年間は高本さんはデザインを離れて社長業に専念、経営体質の強化に取り組んできた。
「そのお陰でデザイナーが育ってくれました。これから私個人の力だけでなく、スタッフ一丸の総合力を発揮したい」と、50周年を機にさらなる躍進を目指す。中でも海外戦略が最重要テーマだ。

すでに、台湾、マレーシア、ドバイなど現地企業とのコラボで約30店舗出店。今後、社内にプロジェクトチームを発足して、3年後をめどにラスベガスで開かれる世界的な展示会に出展を検討。靴の本場欧米市場への本格進出の準備を進め、リゲッタブランドを世界ブランドにしたい計画だ。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年10月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113