これまでの記事

創作!独自の“河内ジャズ”/ミュージシャンの「浅龍&さつき」

2018年8月25日



河内音頭や浪曲にピアノ、サックス

 ミュージシャンの浅龍(あさりゅう)さんと八木さつきさんの2人は、ジャズに浪曲、河内音頭をミックスした独自の“河内ジャズ”を創作した。

浅龍さんはピアノを、さつきさんはサックスを演奏しお互いボーカルも担当するジャズシンガーでもある。この2人が結成したユニットが「浅龍&さつき」だ。
「ジャズをやっていて河内音頭と似ていることに気づきました。ジャズは本来綿花畑で働いていた黒人の音楽、河内も昔は綿花が栽培されていました」と浅龍さん。ジャズを演奏する一方で、河内音頭を勉強してきた。

また、二人は浪曲師の松浦四郎若さんに学び浪曲の基礎を教わっている。河内音頭や浪曲にピアノ、サックス、パーカッションなどの楽器を持ち込む一方、ジャズに河内音頭や浪曲をミックスする。

「発声や語りかける歌い方、リズムなど共通点はたくさんあります。自然にこれらが混ざり合う音楽を目指しています」と、新しいジャンルのなにわ音楽“河内ジャズ”を追求。現在、関西を中心に毎月10数回のライブ演奏を開いている。

企業の周年記念やイベント、パーティーなどでの演奏も受け付けている。浅龍&さつきホームページ;http://kennymk6.wixsite.com/asaryuandsatsuki




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年10月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113