これまでの記事

ハンディ背負う人材を活かす

KSパートナーズ

2018年9月18日

KSパートナーズ(TEL:06・6643・9011)は、障がい者、 子育て中のママなど仕事でハン ディを背負う人材を活用、多彩 なビジネスを展開。障がい者、子 供と一緒に働ける女性パワーの活 躍で人手不足を解消、働き方改革 と生産性革命を実践する。

2010年の設立。メディア、輸入 代行などの貿易、通販サービスなど の事業を行う。スタッフは14人で うち女性12人。 自社の人材に加え、社外にネ ットワークを構築、外部人材も積極的に活用す る。まず、社内の女性スタッフは子連れ出勤 が出来る。

大阪市阿倍野区の本社事務所の近くのマ ンションでは仕事場と子ども遊び部屋をセ ットにし、働きながら子どもたちの面倒が見れるようにしている。「優秀なママ は大きな戦力です」と熊野賢社長。

ECサイトの通販サービスに従事す る。 一方、外部の人材として北海道から 沖縄まで全国約60の障がい者施設と 仕事のネットワークを構築している。知 的、精神障がい者約1000人に対して、 雑誌の記事をWEB向け加工 したり、スマホケースの配送 業務、伝票入力、検品作業 などを発注する。

今年2月から本社事務所の隣に、就 労継続支援B型施設をオープンし自ら運営 する。「自社で行うことで、障がい者施設 への発注のヒン トになる」と話し ている。 障がい者施設向けの仕事は月額300万 円程度だが、近い将来は月額1000万円 まで高めたい計画だ。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年10月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113