これまでの記事

元気な内航海運業 女性船員を積極的に登用

白石海運

2018年12月16日



白石海運(TEL 06・6571・0874) は、業界でも珍しい女性船員を積極的に登 用し、元気な内航海運業を行う。船員13人 のうち女性が3人で、船員の人材不足に対応、 女性の活躍で明るい船内作業を実現する。

大阪市港区に拠点を置き、重油の運搬、海 上給油の2隻(大島丸、第八大島丸) を保有。白石昭二社長のもとで、内航 海運業に改革を起こそうとしているの が、次女で取締役の白石紗苗さん。

「6年前に父の会社に戻り、男性社 会の海運業を実感。女性船員の活躍 で新たな活路を見つけたい」と。自ら も甲板、機関で6級の資格を持つ船員 でもある。船員の人材不足が深刻化、 船員専門学校を卒業した女 性人材の雇用を進める。

「私が女性ということも あり、雇って欲しいと声を かけていただくことも多いで す」と。男性船員の協力的な姿勢の おかげで20歳ー30歳代の女性3人 を採用出来たことで、派遣船員を中止。 コスト削減につながったという。

大島丸の船員6人のうち、半 数の3人が女性で運航、船内 が明るい雰囲気になったと男 性船員からも好評。力の要 る作業は弱点だが、笑顔や 挨拶でカバー、岸壁の作業者 にも人気だそう。

2年前に新造船した大島丸 では、各船員室 に加湿器、空気 清浄機、Wi−F i環境の整備。ト イレも温水洗浄 付を導入し、船員 の快適職場づくり にも取り組む。トイレは男女別に配慮している。

このクラスの船に女性を同時に3名乗船する のは国内では珍しく、白石さんは女性船員活用 セミナー講師としても 活躍。「女性船員の活 躍の場を業界全体に 広げ、将来は女性 船員だけの船 を実現し たい」 と、中 小海運業 での女性船 員の活躍を 期待してい る。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!
◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2019年6月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113