これまでの記事

名脇役を発揮・全国の和菓子店に提供

京菓苑花ゆう

2019年1月19日



京菓苑花ゆう(TEL 075・862・0020)は、季節に合わせた多彩な和菓子を全国の和洋菓子専門店に提供、お店で“名脇役”を発揮する。最近では介護施設向けの販路開拓にも取り組んでいる。

創業は昭和33年。お菓子の問屋としてスタート、その後、メーカーへ転身し京菓子、歳時菓
子などを製造。「歴史と伝統を誇る京都の菓子業界の中で、お菓子の企画、プロデュースを得意としています」と2代目の小島滋人社長。

京都を中心に特化した菓子工場と協力し、オンリーワンの菓子を企画開発、関東から九州エリアの和洋菓子店に供給する。
「それぞれのお店では生菓子など独自の主力商品をお持ちです。その脇役の商品を提供しています」と。その数は約3000種類におよぶ。

春には「もみ袋ひなあられ」「春ごよみ」、夏には「竹筒くずきり」「本わらび餅」、秋には「栗ころが
し」、「ハロウィンあられ」、冬には「一福」「絵馬付袋入お正月」など、季節を感じさせる和菓子が並ぶ。
「職人技に加え、高品質、ひとひねりした和菓子を提供、スーパーに並ぶ商品とは差別化しています」と。少ロットの注文にも対応、全国菓子博覧会では「名誉総裁賞」「農林水産大臣賞」など数々の受賞暦を誇る。

新しい販売先として、介護施設での「おやつ菓子」に注目。平成30年秋に大阪で開かれた介護ソリューション展に出展、どら焼き、芋きんつばなど高齢者にも食べやすいお菓子をアピールした。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!
◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2019年4月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113