これまでの記事

靴修理技術を磨く・韓国タイでも店舗展開

靴商店インターナショナル

2019年6月 5日



靴商店インターナショナル(電話06・6777・9241)は、技術力は業界No.1を自負する靴修理の店舗を展開する。大衆靴から超高級、足の不自由な人向けの特殊な靴まで対応、2022年株式上場に向かって修理技術を磨く元気企業だ。

創業約30年。21歳の時に、豊中市の岡町商店街で1・5坪の靴修理店を開業。店舗を運営しながら同業者の店主に頼み込んで2年間、さらに靴の底つけ師で1年間修業し、靴修理の技術を磨き上げてきた。

「欧米では靴を大事にして長く履きます。日本では靴は履き捨ての時代もありました。長く履くほど自分の足に馴染むのに…」と酒井ヒロアキ社長。靴修理の技術力を高めることで、日本でも長く履く靴の文化を普及させたい考えだ。

靴修理の機械を独自開発する一方、海外から靴パーツなどを輸入して、修理の環境を構築。海外の超有名ブランド靴でも、新品同様の修理を実現する。

2店舗目のクリスタ長堀店ではピーク時は50人以上並んだ人気店だ。「クツショウテン」の店名で店舗展開し、2019年4月時点でグループ全体、韓国、タイの海外店含めて63店を営業している。

男性、女性用の一般シューズから他社が出来ない超高級の修理、専門的なスタッフによる身体の不自由な方、高齢者などが履くオーダーの特殊な整形靴の修理にも取り組む。

今後は修理スタッフの養成に一段と力を入れる考えだ。




ご案内

◎9/03(火)・価値を造る経営革新
◎8/29(木)・関西オープンファクトリーシンポジューム

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 



YouTube
日本一明るい
経済新聞
2019年8月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113