これまでの記事

コアな納豆ファンを広げる・納豆BAR小金庵

小金庵

2019年7月 4日



大阪市西区の納豆BAR小金庵(電話06・6449・3120)は、国産原料を使用し玉ねぎ、初摘み海苔などのトッピング、なにわら納豆、竹姫納豆とこだわり納豆を販売。コアな納豆ファンを広げている。

納豆BAR小金庵は、50余年の納豆づくりの技を活かす小金屋食品(大東市)が7年前に立ち上げた直売ブランド。ロゴマークは、“豆旨”と書いて「なっとう」と読む造語。国産大豆、化学調味料は使わない、深型紙カップ、これまでにないトッピング味と徹底的にこだわった納豆のみを提供する。

「アンテナショップとして3年前にオープンしました。リピーターだけでなく海外のお客様も増えています」と、同店を運営する吉田恵美子社長。西区土佐堀2丁目3-12のビルの1階にあるお店。納豆嫌いが多いとされる大阪で、終日大勢のお客様で賑わう。
販売する納豆は、こちらのお店か同社のネットショップ、百貨店の催事でしか買えない。原料の大豆は、宮城県産の大粒、北海道産の小粒、滋賀県産のひきわりの3種類。(産地は変更の場合あり)玉ねぎ、初摘み海苔、赤しそ、うずら卵など国産素
材の9種類の納豆にあうトッピングがセットされている。

このほか、納豆BARなにわら納豆、竹姫納豆、オリジナル白しょうゆ納豆たれもある。カップ入り納豆は1個270円~納
豆の値段として、かなりの高級品。ネット通販では各種セットが人気だ。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!
◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2019年7月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113