これまでの記事

多品種梱包ダンボールメーカー・紙製エコ資材を活用ディスプレイや什器を提供

カワグチマック工業

2019年9月 1日



カワグチマック工業(電話06・6488・6312)は、少ロットで多彩な梱包用ダンボールを製造販売。その一方、スウェーデンの紙製エコ資材「Re–board」を活用したディスプレイや什器を提供、全国展開を目指している。

尼崎市南初島町に本社工場を持ち、今年創業50周年を迎えた。「量産品ではなく、複雑な形状の部品や製品を梱包するダンボール製品を得意にしています。サイズや材質もそろえ全て内製化できるのも強みです」と、2代目の川口徹社長。

インターネットでの注文を受け付け、最終は営業マンが対応して顧客ニーズにマッチした商品を提供する販売スタイルを構築。月2-3件の新規顧客の開拓につなげている。CADで動く切断機、UVインクジェット機などを活用、平成22年からスウェーデン製の紙素材「Re–board」を活用したディスプレイ、什器の市場に参入。木と変わらない強度を持ち、軽くて加工しやすい、100%リサイクル可能などの特色を持つ次世代の空間創造材だ。「納期が短い、人手がかからない、設営が簡単でトータルコストも安いです」と。

展示ブース、百貨店催事の飾り付け、テレビ局のスタジオに導入実績を増やす。今年1月にはダイナパックと提携、川越事業所内に関東事業所を設置。関東市場本格進出の拠点を構築した。年商は約12億円で、うち1割強が「Re–board」事業。

今後は設備、人員を増強し、3年後には5割以上に増やしたい計画だ。




ご案内

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 

YouTube



 2019-10月号





twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113