今週のピックアップ

賑わう!外国人観光客「煎茶プリーズ」

宇治茶園

2019年10月12日

宇治茶園(電話06・6761・1863)は、大阪市中央区谷町6丁目の空掘商店街にあるお茶屋さん。全国の生産地問屋から直接仕入れた美味しい茶葉をそろえ、最近では世界30カ国以上から外国人観光客が押し寄せて終日賑わう。

昭和25年に創業。煎茶、抹茶、日本茶の紅茶や茶道具など販売する。京都、福岡、鹿児島、静岡産をメインに、全国の美味しいお茶を産地問屋から直接仕入れて提供。2代目宮下明夫さんは、美味しいお茶を楽しむ提案を続けている。

最近では、外国人観光客に正しい煎茶のいれ方を教える無料の「煎茶体験」が人気を呼んでいる。「煎茶は人肌の35度C 前後で入れると旨味が出てきて美味しくなります」と。

お湯を冷ましながらゆっくりと、陶器製の茶器を使って1煎目、2煎目から90度C のお湯で5煎目と注ぐとそれぞれに旨味や渋みが変化、味わい深いお茶がいただける。最後に出がらしの茶葉にお醤油を付けると、「おひたし」の感覚が楽しめる。

世界30カ国以上から今年7月までに日本人含め400人が訪れている。宮下さんは知人や外国人からお茶の飲み方を英語、フランス語、中国語、韓国語に翻訳したパンフレットを渡し、英語で説明する。

「煎茶体験をしてもらうと、『オイシイデス』で大喜び、ほとんどの外国人は買ってくれます。リピーターの方もあります」と。今では、大阪商工会議所の依頼で、外国人接客サービスの仕方についての講演を行うほどだ。




ご案内

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 

YouTube



 2019-10月号





twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113