これまでの記事

雑誌を教材に人間力UP・社外研修の社内共有化

マツミ

2019年10月19日



マツミ(電話072・627・5432)は、『親兄弟の建物と思い施工します』をコンセプトに工事を展開。雑誌を教材にした人間力のアップ、社外研修の社内共有化など社員一丸で学び、元気な経営
を進める。

大阪府茨木市高田町に本社を置き、戸建てからマンションの外壁塗装、防水工事と橋梁や高速道路などの土木インフラ工事などをメインにする。
親兄弟の物件と思って親身になって工事を手がける姿勢が、マツミの一番の強みでもある。

「就活で当社に来てくれる学生は多いですが、このコンセプトを理解出来ない人はお断りしています」と宮脇美樹専務は徹底。現在、従業員は約30人で中卒から大卒、さらに中国、ベトナムの外国人も含まれるなど、幅広い人材が集まっている。

「会社の考えをしっかり理解するには、道徳や教養も身につけてもらいたい」と、学ぶ社風が浸透させる。一般社団法人倫理研究所の月刊誌「職場の教養」を教材にし、毎日夕方には読後感想、仕事で仲間に感謝した「今日のありがとう」をまとめて、全員がLINEに発信する。

また、月刊経済誌「理念と経営」による社内勉強会も毎月開催。社員が感想や気づいたことを記述する。このほか、技術研修会を開くほか、外部研修参加者は、その内容を社内に発信、全員で共有する。
「学ぶことで気づきが得られ、自分たちも変わるようになります。相手の気持ちで行動する人材を育てて行きたい」と話している。




ご案内

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 

YouTube



 2019-11月号





twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113