これまでの記事

即戦力のプログラマーを育成 /ロジカ式プログラミング教室

ロジカ・エデュケーション

2019年11月 9日



小学生対象の完全個別カリキュラム/5年後に1万教室を目指す

 ロジカ・エデュケーション(072・752・8607)は、小学生対象のロジカ式プログラミング教室を展開、即戦力のプログラマーを育成する。中小企業の経営多角化としてFC加盟を呼びかけており、5年後に1万教室を目指している。

ロジカ式プログラミング教室は、関愛CEO(最高経営責任者)が子供向けに独自開発したもので、電子アプリとドリル教材を併用し完全個別カリキュラムで学ぶ。難しいコマンドを使わずに、ゲーム感覚でプログラミングを理解、理論的思考力や人間力がアップするのが特色。

2017年に設立、池田市室町に本部を置きプログラミング教室を全国展開、北海道から九州までFC展開で全国25店舗を持つ。教材開発力が強みで、初期投資も150万円程度と小資本で取り組める。

プログラミングの知識や経験のない主婦の個人事業として、中小企業の経営多角化として、プログラミング教室の運営が出来る。現在店舗の大半は、中小企業が運営している。

「ロジカ式は子供向けのプログラミング教室で終わりません。6年間しっかりと学べば、現役のプログラマーに匹敵する能力を持つレベルになります」と自信を持つ。今後、教室の拡大と並行して、ネットを活用して指導者も育成する。

2020年から小学校でのプログラミング教育が必須になり、需要が急増すると見て5年後に1万教室を目標に掲げている。

※関社長のプロフィール=中学卒の異色のIT経営者。19歳で情報処理推進機構(IPA)から「天才プログラマー/スーパークリエーター」の認定を受ける。大手金融機関など1500人以上の新入社員を約3カ月でスキルアップ、プログラマーに育て上げるなどプログラミングのプロ教師として活躍。




ご案内

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2019年12月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113