竹原編集長の明るいコラム

『マスクがファッション商品に』(Free)

2020年7月 4日

◎生活様式が一変

新型コロナウイルスで、生活様式が一変しました。ソーシャルディスタンスなど新しい言葉も生まれ、社会的な距離が必要になりました。
今までなら、近づくことでより親しみが湧き、人間関係が深まることになりました。が、今は近づくことがリスクを高めるため、離れることが大事であると、価値観も大きく変わってしまいました。

◎マスクが必需品

生活様式の変化では、マスクも必需品なってしまいました。先日も慌てて 病院へ行った時、うっかりマスク着用を忘れてしまいました。
早速注意されて、病院スタッフさんの手づくりマスクをいただき、何とか診察してもらいました。電車に乗ってもマスクを忘れていると、肩身の狭い思いになります。

◎小池東京都知事のオシャレマスク

マスクは新生活様式の象徴的な存在です。当初は、マスクは中国製であれ、国産であれ、着けていることが何より大事でした。でも、今はファッション性のあるマスクが人気です。
小池東京都知事を見ていると、毎日記者会見では違うマスクを着けておられます。ボクは記者会見の内容より、小池東京都知事のおしゃれなマスクが気になっています。

◎スポーツ用ソックスの会社

先日、靴下メーカーに取材に行きましたら、マスクをつくっておられました。見せてもらうと、確かに靴下のように筒状になっていました。
「マスクが不足する中で何かお役に立ちたいと、靴下の編み機を活用してマスクをつくるようになりました」と社長さん。こちらの会社はスポーツ用など機能性を重視したソックスの製造が得意です。

◎洗って繰り返し使える

口や鼻、目の下、頬など顔の部位に合わせて、編み方も複雑に変更されました。「鼻の周りは伸びなく、口の周りは浮くように立体構造、息もしやすく喋りやすくしています」と。
スポーツソックスで培った技術をマスクに活かしてつくっておられます。
裏と表で構造を変えており、洗って繰り返し使えるのが特色です。

◎地元の自治体に寄贈

耳掛けまで一体型の無縫製ニット素材で、心地よいフィット感、立体構造でメガネが曇りにくいのもメリットです。4月には商品化第1号の1000枚を地元の松原市に寄贈されました。
スポーツ系の人をメイン対象にしており、WEBサイトで販売されています。マスクの間に保冷剤を入れることができ、夏用マスクとして追加販売されました。

◎コロナでマスクも変化

スポーツやジムなどでもひんやり使えるのが特色です。新生活様式では必需品となったマスク。感染防止だけでなく、オシャレさ、さらにより高度な機能性のマスクと差別化され出しました。
コロナでマスクも変化。ファッション、機能性がより求められるようになりそうです。

コロナころりん

YouTube
日本一明るい
経済新聞
2020年8月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113