明るいトピックス

年末商戦を“Go To Anago”で一気に乗り切ろう

松井泉

2020年12月 6日



大阪府堺市の松井泉(TEL072・245・1779)は、コロナ禍の中で、あなごの販売攻勢をかける。消費者へDM(ダイレクトメール)販売、阪堺電車との共同企画で初の駅弁「ちん電あなご寿司」の販売、堺市ふるさと納税返礼品、お歳暮セールと総力をあげて売り上げアップ目指す。

「堺のあなごを復活させたいと“堺あなごプロジェクト”を立ち上げて活動を進めてきました。今はコロナ禍で厳しい状況ですが、あなごパワーで乗り切りたい」と松井利行社長。
消費者への直販ルートではA4版のDM(約10枚)で焼あなご、煮込あなご、八幡巻などのオススメ情報、イベント情報を提供する。

また、10月末から11月には阪堺電車との共同企画で初の駅弁として「ちん電あなご寿司」を販売。煮込あなご、焼あなごの箱寿司、巻寿司を駅弁限定の詰合せにし、松井社長自ら出向き、浜寺公園駅で販売し話題を呼んだ。

堺市のふるさと納税返礼品で、「あなご屋社長におまかせ焼あなご」(1万円から)が選ばれ、今では返礼品の中でトップの売り上げを誇っている。
堺区のシティホテル「SEIUNSO」のランチメニューにも秋から櫃御膳、パスタ、あなごのアイスなどが登場、人気となっている。
お歳暮シーズンには 、各種のあなごをセット商品で販売、年末商戦を“Go To Anago”で一気に乗り切ろうとしている。

__◎【明るいコラム】

◎【NHKテレビ】おはよう関西/毎月出演!
◎【MBSラジオ】日本一明るい電波新聞/毎週日曜日10:30~

ご案内

日本一明るい経済新聞・購読申し込みは、
このホームページ ↑【定期購読のお申し込み】から

店舗購買は、◎ジュンク堂大阪店◎TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE/一部400円


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2021年10月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113