これまでの記事

ふうせん「フクラスくん」を今春から本格販売!吹き込みやすく飛ばしやすいのが特色。

日晴金属

2021年1月31日



日晴金属(電話0120・29・3535)は、創業者の柴田晴弘顧問が開発したゴム風船膨らませグッズ「フクラスくん」を今春から本格販売。ウイルスや細菌をブロック、吹き込みやすく飛ばしやすいのが特色。

大阪市住吉区我孫子1丁目に本社を置き、東住吉に商品の開発、管理する大阪事業所と東京と仙台に営業所を設置している。
1964年の創業以来、「よりよい商品を考える」をモットーに現在約130社の協力会社と連携したファブレス企業。これまでに取得した特許は数100件におよぶ。

中でも、創業者柴田顧問が開発したルームエアコン据付部品「クーラーキヤッチャー」は、業界No.1であり、「キヤッチャー」ブランドは商品の普通名詞として使われるまでに浸透している。
現在は息子の柴田昌彦さんが社長に就任、80歳の柴田さんは顧問に退くが、今も新製品開発意欲は健在。その一環で今回開発したのが、「フクラスくん」だ。野球応援のジェット風船や子供が喜ぶゴム風船を簡単に膨らませて飛ばせる。

内部は不織布製の専用フィルターでウイルスや細菌を99%カット、風船の中は衛生的。吹き込み口は楕円形でくわえやすく、吹き込んだ風船内の空気が逆流しないように逆止弁を内蔵している。
野球場だけでなく自宅のテレビの前で風船を膨らませて飛ばす「おうち応援団」としても人気。衛生的機能が認知され、昨年には一部のプロ野球球団でライセンス許諾も受けている。現在、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでも販売中。

新製品開発部門である「ユニークライフ事業部」では、現在、開発設計、営業、事務で「ヤル気のある人(男女)」を求めている。(問合せは総務土居 電話06・6696・5565まで)。

コロナころりん

ご案内

日本一明るい経済新聞・購読申し込みは
日本一明るい経済新聞のホームページから

店舗購買は、◎ジュンク堂大阪店◎TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE/一部400円


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2021年3月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113