テレビ・ラジオ出演情報

目指せ!スポーツ器具業界の金メダル【NHKおはよう関西】2021/02/17

2021年2月20日

2021年
2月17日午前7時50分放送
「目指せ!スポーツ器具業界の金メダル」

今回は、体操競技を支える器具メーカーをご紹介しました。大阪府泉佐野市で40年以上にわたって体操競技の器具を製造する会社です。大手スポーツメーカー向けに販売、年商は創業以来右肩上がりです。

その理由は時代の変化に対応した企画開発にありました。選手の技が急速に高度化するなか、この会社では選手が安全に競技できるように改良を重ねながら製造されています。
製品開発を支えているのは、自社が経営する体操クラブの存在です。実際に使ってもらうことで、品質の向上につながっています。

着地で使うマットは、高密度ウレタンを組み合わせることで、衝撃を吸収できるようにしました。安全性に優れていることから、世界大会でも採用されています。
跳馬の踏切板を囲むカバー、滑り止め加工を施した平均台の補助パッドなどこれまで100近い製品を開発してきました。さらに、最近では空手用のフロアマットも商品化されました。

適度な滑りがありながら、衝撃を吸収するマットです。全日本空手道連盟の公認を受けて、公式大会でも使用されています。社長さんは「これからも」に使うねたのは大阪市浪速区で100年以上にわたって砂糖の製造販売を行う会社です。家庭用か大手菓子メーカー向けの業務用にも販売しています。

国内の砂糖の消費量は、ピーク時の半分以下に落ち込んでいます。でも、こちらの会社では年商40億円と順調に業績を伸ばしています。
その理由は、独自の商品展開です。お菓子作りや料理など幅広い用途で使えるパウチタイプの黒糖みつ、和三盆のみつをブレンドしたミネラル豊富な砂糖。さらに、災害時の非常食としても注目の一口サイズの黒糖など。これまで70種類以上の商品を開発しています。

町のお菓子屋さんから注目されているのが、50日間固まらない粉糖です。砂糖を20ミクロン前後まで粉砕、さらに固まりにくい形にすることで、純度100%のまま仕上げることに成功しました。
大阪市内の洋菓子店では、この砂糖を使ってバレンタイデー用のトリュフショコレートに砂糖をまぶしたお菓子をつくっていました。試食させていただきましたが、くちどけも良く、すっと溶けて行きました。

今回はコロナ禍の非常事態宣言中ということもあり、スタジオ入りはかなわず、ロケ映像とナレーションでの出演となりました。



ご案内

日本一明るい経済新聞・購読申し込みは、
このホームページ ↑【定期購読のお申し込み】から

店舗購買は、◎ジュンク堂大阪店◎TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE/一部400円


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2021年9月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113