今週のピックアップ

オープン!普段暮らしのエンターテインメントパーク

ノースオブジェクト

2021年3月31日



ノースオブジェクト(電話072・300・2673)は、大阪府大東市の公民連携プロジェクトに参画し、この春、北条エリアに普段暮らしのエンターテインメントパークをオープン。本社機能も移転し、レストラン、ベーカリー、アパレル・雑貨店、手づくり工房、ワークショップ専用スペースを運営し、子育てママ、ファミリーに向けて豊かな暮らしを提案する。

「手に届く豊かな暮らしを提供し、子育てママとファミリーの役に立つことを創業以来の理念にしてきました。この度、その想いが詰まった街『Keitto』(ケイット)をオープンする運びとなりました」と、熱く語るのは南大助社長。

現在、子育てママをメインに普段使いのアパレルの卸販売を行うノースオブジェクトは、大東市の公民連携プロジェクト「morinekiプロジェクト」に参画、約7800㎡の広大な敷地にある住宅・公園・民間事業の中の民間の主要部分を占める。

飯盛山をはじめ豊かな自然環境が迫る商業棟約500坪に、ひと足早く2月には本社オフィスを大阪市西区から移転。さらに3月下旬には北欧ファミリーレストラン、カフェ併設のパン屋、服や雑貨のライフスタイルショップ、ワークショップ、地域に開放した社員食堂、手づくり工房などがグランドオープンした。

週末にはファミリー層を中心に約3000人の来場者を目指す。1階店舗のほか、2階にはショールームを併設。全国の取引先との商談の場としてだけでなく、消費者の声やニーズを聞く場となり、より一層暮らしに寄り添うモノづくりを手掛けていく。

大阪市内の6店舗を2店舗にし、新エリアに集約することで賃貸料などの固定費を削減し、新たに地元で20-30人の雇用も生まれるという。

ワークショップの講師も兼ねて絵本作家、キャンドル作家などに無料で制作場所を提供。手づくりが好きなママたちの起業の架け橋を目指す。

ここから生まれた雑貨も、店舗や取引先で販売したい考えだ。週末には3世代で楽しめるレストランでのファミリープランや、焼き菓子工房ではアニバーサリーケーキの販売も始める。

さらに、「近郊地域の農園や学生との協働、地域の空き地を利用した果樹園づくり、そして1年後には戸建ての住宅事業にも進出したい」と、アパレルから衣食住のトータルライフスタイル事業へと大きく変貌しようとしている。

コロナころりん

ご案内

日本一明るい経済新聞・購読申し込みは
日本一明るい経済新聞のホームページから

店舗購買は、◎ジュンク堂大阪店◎TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE/一部400円


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2021年4月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113