竹原編集長の明るいコラム

『人材の黒船が必要だ!』(Free)

2022年4月16日

◎人が一番大事

会社にとって必要なのは人、モノ、カネとよく言われます。そのなかでも、最初が人です。経営の神様松下幸之助も商品を売るのではなく、人を売っている会社と言われました。
人が一番大事です。コロナ禍で、日本経済そのものは厳しいです。が、中小企業では相変わらず人材難の状況が続いています。

◎人材戦略が大事

特に、優秀な人材ほど中小企業には来てくれません。社長にとっては、相談出来る人材が欲しいのですが、なかなかいないのが現状です。
どうすれば超一流の人材を採用することができるか?経営戦略以上に人材戦略が焦眉の急になっています。

◎世界トップレベルの外人部隊

そこで、ちょっと工夫しましょう。よそと同じようなリクルート戦略では良い人材は集まりません。以前に紹介した町工場さんでは、日本を超えて世界トップレベルの人材が在籍していました。
外国人の人材採用に特化した戦略を進めておられました。外国人といっても実習生ではありません。世界のトップレベルの大学生、日本の国立大学の卒業生を集めた開発部隊を編成されていました。

◎副業社員の活用

「外人募集サイトはほとんど大企業でして、中小企業はほぼおられません。外人は少ない中小企業に興味をもち、案外来てくれます」と。世界トップレベルの人材が、元気経営の秘密でした。
先日、取材しました中小企業さんも、ちょっと工夫されていました。こちらでは、副業社員の活用でした。

◎素晴らしい能力を持つ

デザインなどの特別な技術を持つ人材ではなく、経営の相談ができる人材でした。「社長の片腕になる社員を育成するのはなかなか大変です。でも、副業社員には素晴らしい能力を持つ人がたくさんいます」と。
現在、こちらの会社には副業社員が数人おられます。その大半は有名大手企業に在籍、年収もかなりの額にのぼるとおっしゃいます。

◎幅広いネットワークを持つ

「国立大卒の一流人材です。うちのような小さな会社ではとうてい採用できない、いやいやそれだけではありません。私とも出会うこともない別世界の人材でした」と。新規事業、品質、財務など担当、幅広いネットワークを持つ人材です。
「彼らは日常本業の仕事をこなしていますが、優秀なので何か新しいことにも興味があります。だから、うちのような小さな会社にも応募してくれました」と。副業社員は、社長から新規事業などのやりたいことを聞き、的確なアドバイスをしてくれるそうです。

◎社内改革で思い切った手

社内改革にも取り組もうとされていますが、社内の人材では過去の人間関係もあり、思い切った手が打てません。しかし、副業社員はリモートで社長とつながっているだけですから、社員との関係も薄く改革が進むとおっしゃいます。
外国人、副業社員は中小企業にとっては、社内改革の人材黒船なのです。ぜひ、副業社員の活用に挑戦してください。

明るいコラム
毎週末更新

【Youtube最新】
【Youtube一覧】

今月の人

セミナ

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113