これまでの記事

“ドローンのメッカ”目指す・ 西日本最大級の広さが武器・ 年間2000人以上が利用・ 民活で地域活性化

能勢町のふるさと創生研究開発機構

2022年5月 1日



ふるさと創生研究開発機構(072・735・7373)は、民活で能勢町の地域活性化に取り組む。広大なドローンフィールドを武器に、“ドローンのメッカ”を目指す町おこしを進めている。

「日本全国いろんなところで地方創生の仕事をして来ました。この能勢でドローンを武器にした未来産業をつくりたい」と話すのは柚木健社長。地域振興、観光振興などに取り組み、この4月から内閣府「地域活性化伝道師」、総務省「地域力創造アドバイザー」に就任している。

2015年から西日本最大級のドローンフィールド(能勢高原ドローンフィールド、NOMUCドローンフィールド)を活用し、ドローン関連の事業を進める。
大阪、京都、神戸から車で約60分という好立地。ドローンの研究開発やスクールなど、目的や用途に合わせて使い分けができる。利用料金は3時間で1人3500円という安さが売りで、近畿圏を中心に全国から年間2000人以上が利用する。

一般用から業務用まで多種多様なドローンの資機材を保有し、常勤の5人と外部協力社で、操縦訓練や測量、点検など多彩なビジネスを行う。

ドローンの免許制度開始に伴い、免許センターの設立を目指しています。免許取得者や修理センター、ドローン開発ベンチャーなどが集まれば町の活性化につながります」と、ドローンで能勢の元気づくりを応援する。このほか、キャンプ場を主体とした森林環境事業やジビエ事業にも取り組んでいる。

明るいコラム
毎週末更新

【Youtube最新】
【Youtube一覧】

今月の人

セミナー

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113