これまでの記事

元気なモノづくり・ 風通しの良い職場環境・納期遵守、加工情報の共有

ノムラ

2022年6月 1日



台形ネジ専門メーカーのノムラ 台形ネジ専門メーカーのノムラ(06・6583・7511)は、風通しの良い職場環境で元気なモノづくりを進める。納期遵守、加工情報の共有、ゴルフやボーリングなどクラブ活動も活発で、今年は過去最高の年商5億円をめざしている。

大阪市港区波除6丁目に本社工場を持つ。創業は昭和11年4月。「大口受注を中心にしていましたが、不況になると大打撃を受けることを経験。少量で付加価値の高いネジに絞り込むようになりました」と、3代目の野村博之社長。

30年前から手がけるのが台形ネジだ。ネジを回して上昇、下降する駆動用の送りネジ。当初素人集団でのモノづくりだったが、その後、技術力を高める一方、機械をカスタマイズして効率良く生産する体制を確立。

今では15台の機械が並び、口径1㎝から大きいものでは口径12㎝で長さ4-5mまで多彩な種類を製造する。水門、建築土木、ジャッキアップ、工作機械などに多彩な分野に台形ネジが供給。

「納期遵守を大事にしています。検査も製造現場と検査員のダブルチェック。加工のやり方も共有して生産性を高めています」と、顧客からの信頼は厚い。

「1人の人を大切に、心こそ大切なれ」の経営理念で人を大切にするモノづくりに取り組む。社員は24人で平均年齢は31歳と若い。有給休暇、年4回の賞与、残業も極力減らし大企業並みの待遇。家族同伴の忘年会、ゴルフ部、ボーリング部は会社負担もあり、格安で楽しめる。

「社長になって21年で、辞めた社員はわずか3人です」と、社員一丸で明るいモノづくりを進めている。

明るいコラム
毎週末更新

【Youtube最新】
【Youtube一覧】

今月の人

セミナー

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113