竹原編集長の明るいコラム

『9月号にはこんなおもしろい会社が掲載!①』(Free)

2022年9月 3日

◎大阪をKーPOPの聖地に

今回1面では大阪市天王寺区にありますライブハウスを取り上げました。韓国でメジャーデビューしたメンバーを次々と出演、大阪を日本におけるKーPOPの聖地にしたい考えておられます。
「KーPOPメンバーを招き、全国へファンを広げるスタートアップ拠点。KーPOPで大阪を元気にしたい」と、プロデューサーであり、社長さんでもあります。若手のKーPOPメンバーの歌と踊り見せてもらいました。

◎熱いファンが多い土地柄

大阪は生野、鶴橋、コリアタウンと韓国との関係が深く、KーPOPの熱いファンが多い土地柄。「観客が100人以上になると一気に火がつきそうです」と期待されています。
12月まで公演するKーPOPグループはほぼ内定しており、大阪をKーPOPで一気に盛り上げようとされていました。

◎外国人実習雇用士検定

一般社団法人日本アジア人財協会は外国人雇用の環境改善へ2つの検定試験を導入されました。1つは、「外国人実習雇用士検定」(ガイシ検定)。
もう1つは、日本を目指す(日本で暮らす)外国人を対象にした「日本生活文化検定」(ニチブン検定)です。雇う側と雇われる側の法規と文化を学ぶ労使双方の2つの検定制度で、外国人の雇用環境を改善したい考えです。

◎明るい職場へシュート

おせちでトップシェアの会社は、4月に女子サッカークラブを発足、好調なスタートダッシュで活躍されています。仕事とサッカーを両立させながら、「なでしこリーグ」入りを目指しておられました。
「選手のおかげで職場は明るくなっています。サッカーが強くなると会社のブランディング、売り上げアップの相乗効果につながります」と社長さん。女子サッカークラブの活躍で会社の元気アップを期待しておられました。

◎マグロビジネスに挑戦

 日本人が大好きなマグロビジネスに取り組むベンチャー企業があります。元ホテルマンの社長さんマグロの魅力にとりつかれ、まずはマグロの解体ショーのイベントで大勢の人を集められます。
ピーク時には年間336回のマグロ解体ショーを実施、日本一の実績をお持ちです。コロナ禍で需要は激減。そこでマグロ加工食品を開発しEC通販、ふるさと納税返礼品、マグロ料理専門店の運営で頑張っておられます。

◎日本一明るい経済新聞の購読について

ジュンク堂大阪本店(堂島アバンザ3階)で販売、1部400円

年間購読5800円(毎月1回発行、税・送料込み)で申し込みは日本一明るい経済新聞ホームページから。

明るいコラム
毎週末更新

【Youtube最新】
【Youtube一覧】

今月の人

セミナ

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113