これまでの記事

カレンダーとペット 老舗の挑戦

新日本カレンダー

2022年10月 2日

新日本カレンダー(TEL06・6972・5888)は、今年創業100年を迎えたカレンダーの老舗。ペット関連事業に進出し、ペット用品通販、動物看護専門学校(別法人)、さらにペット共生老人ホームと本社エリアが“ペット共生のメッカ”になっている。

大阪市東成区中道3丁目に本社ビル、兵庫県三田市にメイン工場、そして中国にも工場を持つ。約300種類のカレンダーを年間約2000万冊製造、国内で約30% のシェアを誇るトップ企業だ。

「カレンダーに続く柱に育っているのがペット関連事業です」と話すのは3代目の宮﨑安弘社長。動物病院向けのカレンダー営業がきっかけで、28年前にペット用品の通販事業に参入。

「当初は苦労しましたが、今は収益事業になっています」と。「PEPPY」のブランドで犬猫用の通販カタログを発行、全国8200の動物病院に置く。カレンダー印刷の端境期を埋める利点もあり、現在は全社売上の4割以上を占めるまでに成長。

「カタログ発行がきっかけで動物病院関係者とのネットワークが出来、ペット事業が広がりました」と。獣医師協同組合と連携し、本社敷地内に「大阪ぺピイ動物看護専門学校」を設立。これまで約3000人が卒業、愛玩動物看護師法が今年施行され、動物看護師が国家資格化されることで脚光を浴びている。

このほか、敷地内には動物の二次診療・最先端治療施設、夜間急病センターも誘致。最近ではペット共生型有料老人ホームも新設、「人と動物のための総合プラットフォーム」を目指す。

100年を機に、「笑顔あふれる365日のものがたりを」の新ビジョンを打ち出す。カレンダー事業、ペット関連事業ともにさらに強化し、現在の年商110億円強を近い将来200億円に高めたい計画だ。

明るいコラム
毎週末更新

【Youtube最新】
【Youtube一覧】

今月の人

明るいTOPIX

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113