竹原編集長の明るいコラム

日本酒1合?エエ加減なコンプライアス (Free)

産業ジャーナリスト 竹原 信夫

2011年2月19日

◎中小企業でもコンプラに関心

 最近、取材先でもよくコンプライアスという言葉を聞きます。日本語で言えば、法的遵守ということです。

これまでは大手企業で、この言葉がよく使われていました。が、中小企業でも健康関連のビジネスなどで「実際に、この健康食品を使って元気になった人がたくさんいますが、治るなどの言葉は使えません。気を遣います」などとおっしゃいます。

◎中国では最高は使えない

 コンプライアンスが浸透しているように見えますが、実は日本のコンプライアンス。まだまだエエ加減なものがたくさんあります。中国に比べて日本のコンプライアンスは進んでいるように、見えますが、意外な落とし穴もあります。

広告関連の仕事をされている中国の人に聞いた話では、中国の広告で最高という言葉は使えないそうです。日本では、最高級、最高の品質など最高は溢れかえっています。

でも、中国は「最高というのは、それ以上の物がないということで、みだりに使える言葉ではない」と、広告の表現としては使えないらしいです。確かにそうです。日本では最高という言葉、高品質と同じように乱発されています。

◎1合の日本酒、大半がごまかし

先日も、懇親会である社長さんが、「居酒屋で1合のお酒を注文しても、ホンマは7-8割、1合ありませんで。あれ、偽装ちがいますの?」と問題提起されました。たまたま、そこに飲食店のオーナーもおられ、早速、自分のお店でのお酒をきっちり1合あるように改善されたそうです。

大手居酒屋チェーンの日本酒1合を抜き打ち検査すると、えらいことになるかも知れません。お客様でもみなさん、1合なくても当たり前と思っているようですが、間違いなく表示違反。これホンマにやりだしたら違反が続出するのではないでしょうか。

◎新製品で元気はおかしい

緊急記者会見で、大手居酒屋チェーンの経営者さんが、「きっちり測っていませんでした」と、頭を下げるシーンが目に浮かびます。

これ以外にも、先日テレビCMで健康食品の新製品を流しておられました。まだ、発売して1ヵ月もたってない商品。それを飲んで、あたかもこんなに元気になりましたーというようなタレントさんのコメントがありました。

◎せめて半年経たないと…

これもおかしいですよね。医薬品でもない健康食品。いくらなんでも、そんなに急に効果が出るとは思えません。健康食品新製品のCMは、最低半年程度経たないと、元気になったイメージを出してはアカンと思います。

そんなこんなで、大企業を含めてエエ加減なコンプライアンスまだまだありそうですよ。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年10月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113