竹原編集長の明るいコラム

『11月号にはこんなおもしろい会社が掲載!②』(Free)

2022年11月13日

◎元気な野球ビジネス

プロスペクトは、野球界のネットワークとプロ野球トップ選手の頂上作戦で元気な野球ビジネスを進めています。社長は、現在も少年野球チームの代表として活躍、日本の野球教育にも力を注いでおられました。
大阪府堺市西区上野芝町に本社とグローブ工場を持ち、今年設立20周年を迎えられました。スキー用品で知られるオンヨネの総代理店として、アンダーウエアを中心に野球用品の市場を開拓しています。

◎長寿命化する夢の塗膜

KDPは、基材を強靭化、長寿命化する夢の塗膜「ポリウレア樹脂コーティング」を展開されています。工場、倉庫など建築物、屋根全般に活用、多発する自然災害への対応、SDGsのサポート技術として注目を集めています。
大阪市港区に本社を置くKDPは、業務請負、人材派遣などの総合人材サービスを行っています。最近では、SDGsへの取り組みの一環で、アーマ ライニングス(北九州市)と連携し、ポリウレア樹脂コーティング事業を進めおられます。

◎鹿料理と小さなお宿


無鹿リゾートは、兵庫県丹波市にある鹿料理と小さなお宿。鹿肉をメインにし、丹波の食材を使った料理と1日2組限定の宿泊のおもてなしで、リゾート気分が味わえます。
丹波市春日町下三井庄1017-1。緑豊かな三尾山の麓にあります。築100年以上の古民家をリノベーションしたオシャレなジブエレストラン。店名の無鹿はCWニコルさんが名付け親ということです。

◎人間力を高める

サンコー物産は、創業の精神を大切に、従業員の人間力を高めています。社内では茶道・華道や剣道の稽古、社外では異業種4社とグループによる「3SK活動」を展開、元気経営を磨いています。
大阪市西区南堀江4丁目に本社を置き、建設土木資材の製造販売をメインに、3年前から公共工事へ参入、インターネット販売にも取り組んでおられます。従業員は35人。堅実な経営を進めておられます。



◎日本一明るい経済新聞の購読について

ジュンク堂大阪本店(堂島アバンザ3階)で販売、1部400円
年間購読5800円(毎月1回発行、税・送料込み)で申し込みは日本一明るい経済新聞ホームページから。

明るいコラム
毎週末更新

【Youtube最新】
【Youtube一覧】

今月の人

明るいTOPIX

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113