これまでの記事

元気!農業 観光農園型ビジネスを展開 年間約2万人を集客 いちご狩りを主力にブルーベリーなど

ながしお農場

2023年1月 1日



ながしお農場(www.Nagashino-Nojo. com)は、兵庫・三田市、三木市で観光農園型農業ビジネスを展開。いちご狩りを主力にブルーベリー、丹波黒豆枝豆収穫体験などで年間約2万人を集客、6次産業を加え元気エンタメ農業を実践する。

「35歳まで建設業を営んでいましたが、父が体調をこわし長男の私が農業を引き継ぎました。2年間は苦労の連続でした」と、振り返るのは永塩有社長。いちご栽培に活路を見いだす農業ビジネスを推進。

2015年6月兵庫県三田市にいちごハウスを建設、2階建の多段階式のいちご栽培システムを導入。いちごの収穫量はアップする、人件費などのコストアップで収入は増えない。そこで始めたのが、いちご狩りの観光農園だ。

「お客様の心を豊かにする。いちご狩りでお客様のワクワク物語をつくろうと思いました」と。価格より体験価値を求めていると、安い入園料よりも、予約受付から来園、終了後までのサービスを徹底、顧客満足を高める戦略を推進。

お客様の評判を呼び、経営が軌道に乗り、続いてブルーベリー狩り、丹波黒豆枝豆収穫体験、いちじく、わくわく体験など独自企画で集客。今では年間約2万人が来園、“エンタメ農業”実現した。

また、奥様の永塩京子専務は、いちごやブルーベリージャム、ケーキなど加工した6次産業化を推進。フードロス削減などSDGsにも取り組み、地元の地域活性化にも貢献。「新しい農業目指す後継者を育成したい」と、今後は人づくりにも力を入れようとしている。

明るいコラム
毎週末更新

【Youtube最新】
【Youtube一覧】

今月の人

明るいTOPIX

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113