これまでの記事

売れるパッケージを提案 商品の価値を高める

淀紙器製作所

2023年2月28日



淀紙器製作所(TEL 06・6968・1277)は、商品の価値を高めるストーリーが伝わるパッケージを制作する。社内に「モノモコトモ」事業部を発足、共感できるデザイン性にこだわった売れるパッケージを提案、注目を集める。

大阪市城東区で、お菓子などを入れるクリアケースを主力にするパッケージ会社。2017年には、創業約50年の歴史を誇るパッケージのトータルプランナー、美販(東大阪市、TEL 06・7777・0201)のグループに加わる。

「パッケージは内容物を破損させないだけでなく、引き立たせ、感動を与えて商品の世界観を伝えることが大事。新しいパッケージに挑戦しています」と尾寅将夫社長。昨年末に、モノもできる、コトもできるパッケージをつくる「モノモコトモ」事業部を発足した。

社内に試作室「DRAWERS」を設け、サンプルカット機を導入、お客様のアイデアを即カタチにし、撮影もできる。「美販で培ったノウハウを活かし、手に取った時に凄いと思えるパッケージを目指しています」と、濱田友則開発営業部部長。

スタッフは、宮口彩花アートディレクターはじめデザイナー、カメラ、企画、営業関連の4人。釣り具のルアーを飾るクリアパッケージは評判で、数種類のパッケージを提供する。

工具屋さんが始めたドーナツ店向けには道具箱のようなパッケージ、オシャレなトマトパッケージもある。「新商品の売り上げアップをパッケージで応援したい」と、2年後にはモノモコトモパッケージで年商2000万円を計画している。


▶▶▶▶▶▶【YouTube】5/9^UP


▶発刊!関西元気な経営者の
ぶっちゃけトーク3


A fresh 代表髙島 克子さん

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113