Person 人 ひと

『元気な地方をつくりたい!』高校3年生の sunny 社長 勝本 翔 さん

2023年11月30日

◆高校生ですか。

「はい、高三17歳で通信学校に通いながら社長業をやっています。ビジネスを始めたのは、さらにもっと前です。実は小学4年生ごろにはホームページ制作、YouTubeの動画、広告代理店のような仕事をしていました」

◆小学生で?

「小学生の頃、不登校の時期もありましたが、チームに属して活動していました。分からないことはネット検索して調べ、独学でWEB制作を学びました。中学生になると会社を立ち上げました。印鑑証明は15歳以上ですから、建設の仕事をしていた父に社長になってもらい、実質は私が運営していました。両親は自由にやらせてくれています」

◆凄い才能ですね。

「高校生になっても丹波市に拠点を置きITの仕事をしていますが、東京にあるインキュベーションのNPO法人との出会いでビジネスを再構築。この4月に新しい会社を立ち上げました」

◆それがこの会社。

「WEB3・0を活用したNFT、いじめ問題に対応したメタバースのプラットフォーム、そして地域創生の一環でコワーキングスペースの決済事業の3つの部門です。まだ、始まったばかり、今からです」

◆今後は。

「実は両親に500万円を借りていましたが、今年9月には完済。今は自分で稼いだお金でビジネスをやっています。これからやりたいことは2つ。英会話を勉強して世界の優秀な人材と仕事をしたい。もう一つは地方創生です。地域で稼いだお金を地域で使う循環型の仕組みを確立、サステナブルで元気な地方をつくりたいですね」

▶住所=兵庫県丹波市氷上町伊佐口55
▶電話=050・1807・408
▶プロフィール=2023年4月設立。従業員3人、業務委託スタッフは15人です。経営理念は「雲一つない未来を創る」


▶▶▶▶▶▶【YouTube】2/7^UP


▶ITACのフォーラム2/29


▶関西ものづくり新撰セミナー3/13


CAPABLE 社長 河原洋逸さん

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113