竹原編集長の明るいコラム

神戸は震災復興の手本に (Free)

2011年6月 4日

◎異人館を取材

神戸にあります異人館を取材しました。神戸には20ヵ所以上、外国人が住んでおられた異人館が残っているそうです。取材におじゃましたのは、その1つキャセリンハウスでした。

建設されて112年になるそうです。取材に応じていただいたのは、この異人館を運営されている会社の女性社長さんでした。

◎英国人とドイツ人の新婚さんの家

大きな鉄の門をくぐって、中に入らせてもらいました。ソテツが植えられたお庭、バルコニーが突き出たおしゃれな洋館です。

出てこられたのは、美人女性です。この異人館にはぴったりの雰囲気でした。以前メディア関連のお仕事をされていたそうです。

「英国のキャセリンさんとドイツのアンダーセンさんが新婚当時にこの館で住んでおられたそうです」と説明、まずは館内を案内していただきました。キッチンも大きいです。

◎異人館が見える異人館

2階からは、2つの異人館が見えます。「異人館から別の異人館を2つも望めるのも、こちらの特色です。情緒あるでしょう」とおしゃいます。家具や調度品も100年以上のアンティークなもので、エエ雰囲気です。

1階は大きな吹き抜けのホールになります。2階は個別の部屋になっています。見学に訪れたのではありません。あくまでも取材です。そう、こちらの異人館は普段は非公開ですが、パーティーやイベントなどにレンタルされており、そのビジネスを取材するためでした。

◎全館丸ごと貸し出し

全館丸ごと、部屋ごとでも貸されます。料金は全館丸ごとで5時間10万円からでした、都心ホテルで部屋を借りることを考えると、それほど高くはありません。

ウエディングやプライベートなパーティー、さらに企業のイベントなどにも利用されているそうです。そして、この8月9日からはマイケル・ジャクソンさんの遺品展も開かれるそうです。

◎マイケルジャクソンの遺品展

「神戸3つの会場の1つで、こちらではツアー用のメイクボックスなどを展示する予定です」とおっしゃいます。楽しみです。きっとたくさんのファンが、来られると思います。

異人館の大半は民間の持ち物だそうで、その運営に苦労されているようです。阪神大震災の後、神戸の街も元気がありません。「神戸の経済は厳しいです」と、嘆いていても事態は好転しません。

神戸の褒めるところを探し、アピールすることが大事です。大震災の先輩としても、震災復興のお手本になってもらいたいと思います。




ご案内

◎9/03(火)・価値を造る経営革新
◎8/29(木)・関西オープンファクトリーシンポジューム

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 



YouTube
日本一明るい
経済新聞
2019年8月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113