竹原編集長の明るいコラム

これから流行りそう!感動ビジネス

2011年10月 1日

◎健康食品広告で国は衰退

生活が豊かになってくると、消費者の関心も大きく変化してきます。ボクがまだ子供の頃、日本はまだまだ貧しい国でした。着るもの、食べることに必死でした。

ところが今は違います。テレビを見ていても、健康食品の広告をはじめ、化粧品、自動車、携帯電話など、ボクに言わせるとぜいたく品で満ち溢れています。英国でも、国の衰退期には新聞の広告の多くは、健康関連の広告だったそうです。

◎キャンディグラムって何?

こんな豊かな時代になってくると、売れるものももちろん、変わってきます。先日、ある社長さんから、こんなオモシロいお話を聞きました。

「キャンディグラムってしていますか?」でした。グラムとは親書といった意味で、メッセージにキャンディ、つまりアメをセットにして送るという風習だそうです。欧米ではこうした文化があるそうです。

◎メッセージにおまけセット

この社長さんは、いち早くこのキャンディグラムに目を付けて、日本でも流行らそうと、一生懸命になっておられます。メッセージと一緒に送るおまけは、なにもキャンディだけでなくて良いだろうと、いろんなものを考えられています。

「ワイングラム、クッキーグラム、ヌイグラムもありまっせ」とおっしゃます。メッセージとワイン、メッセージとクッキーもちろん分かります。ただ、ヌイにはひっかかりました。

◎ぬいぐるみで効果バツグン

「ヌイって何ですか?」とお聞きしました。そうしたら、「ぬいぐるみですよ」と言われます。そう、カワイイぬいぐるみと一緒にメッセージを届けるサービスです。

ぬいぐるみと一緒に、お誕生日祝いのメッセージが届くと、効果はバツグンということでしょう。相手に意思を伝えるのに、メッセージカードだけより、ぬいぐるみが入っていると、とくに女性には喜ばれると思います。

◎誰が届けてくれる?

そんな話をしていたら、この社長さんは、「実はメッセージを届ける人も大事ですよ」と言われました。「??」と思っていると、「欧米では、どんな格好をして、誰が持って行くかによって、料金も変わるそうです」と。

確かに、タキシードを着た人が届けるのと、宅配便のお兄ちゃんでは、印象がえらい違います。ときには、有名人がメッセージを届けることもあるようで、もらう方はもっとびっくり、大感激するでしょう。実際、米国ではこんなビジネスがあるのだそうです。

◎商品以外の付加価値サービス

豊かになってくると、商品そのものではなく、付加価値をいかにつけるかになってくるようです。ハードからソフト、うーんそんなものでは…。感動ビジネスのほうが、近いかも知れません。


▶▶▶▶▶▶【YouTube】5/9^UP


▶発刊!関西元気な経営者の
ぶっちゃけトーク3


A fresh 代表髙島 克子さん

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113