これまでの記事

ドローンビジネスを展開  多彩な機種を揃える  高精度な測量から災害状況、空撮、鳥害対策も

秋山測量設計

2017年10月20日



 秋山測量設計(TEL;086・427・8266)は、ドローンを活用したビジネスに力を入れる。多彩な機種を揃え、測量だけでなく災害状況、空撮、鳥害対策などニーズにも対応、ドローンビジネスを展開する。

 岡山県倉敷市に本社を置き、測量業務全般、GISなどのシステム開発や運用業務をメインに行う。「今後の測量業務にドローンの力が発揮できると思いドローンの活用を考えるようになりました」と、2代目の秋山啓嗣社長。国土交通省のアイコンストラクションに対応する。

 3年前に、ものづくり補助金を活用して中型のドローン2機を購入、測量にドローンの活用を始めた。たまたま従業員の1人がダムをドローンで撮影する趣味を持ち、その従業員から操作方法などを教えてもらえたことも奏功した。

 2015年には倉敷市で土石流が発生、その際、同社のドローンが活躍、被害の状況をつぶさに撮影、岡山県、倉敷市の災害状況の把握に貢献。ドローンで計測した3次元データをそのままパソコンに取り込むことができ、人が実測しないので危険を回避し安全性につながるという。

 その後も、太陽光パネルの点検、空撮などのニーズに加えて、カワウなどの鳥害対策にドローンを活用するユニークな方法も開発、特許申請した。練習機を含めて小型から大型まで6機を保有、国土交通省の認可を受けた登録者は4人に上る。今後、厚みのあるドローン体制を活かして、ドローンビジネスに本格参入したい計画だ。

ご案内

◎ 12月25日・【NHKテレビ】おはよう関西・
元気な中小企業に出演

お問い合せ 私の読み方

◎販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE
・ジュンク堂大阪本店

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113