これまでの記事

津波から救う!  救命艇シェルター開発  初の6人用一般家庭向け  来年2月から本格販売

ミズノマリン

2017年11月20日



 ミズノマリン(TEL;06・6863・5233)は、津波対策として、6人用の救命艇シェルターを開発、来年2月から本格販売する。大型タイプの開発を進めてきたが、初の一般家庭向けの廉価版で120万円程度を検討している。

 創業約30年。大阪府豊中市に本社工場を置き、プレジャーボートに搭載されているマリンエンジンの整備をメインに行う。国産のほかボルボ、キャタピラーなどの海外メーカーの代理店としてマリンエンジンの修理を得意とする。

 「関西でマリンエンジンの整備、大型船に搭載されている救命艇の検査を専門にするのは当社だけです」と、水野茂社長。スタッフは約30人。うち8人が外国船救命艇の検査資格を持つ技術レベルの高い会社だ。

 2011年の東日本大震災をきっかけに開発に着手したのが、津波時の命を守る救命艇シェルター。2013年に25人乗り全閉型第1号艇、2016年には同第2号艇を開発、Gデザイン賞に輝くなどの話題を集めた。価格が800万-900万円と高額で実売には至ってない。

 今回は6人乗りの家庭向けの廉価版を企画、豊中市のチャレンジ補助金を受け、現在、中国の造船所で建造中。「出来るだけ不要なものは全て省きました」と。

 海中でひっくり返っても元の位置に戻り、FRP製で艇内に水が入っても沈まない構造になっている。来年2月に横浜で開催される震災対策展示会に出展後、本格販売し津波対策に貢献したい考え。

ご案内

◎ 1月4日・【NHKテレビ】おはよう関西・
元気な中小企業に出演

お問い合せ 私の読み方

◎販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE
・ジュンク堂大阪本店

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

竹原マネージャーより♪
いつも日本一明るい経済新聞ウェブサイトをご覧いただき ありがとうございます♪

★↓マネージャーのブログもぜひご覧ください↓★

竹原マネージャーのお茶の時間

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113