これまでの記事

夢かなう!堺にまぐろパーク

大起水産

2018年10月 2日


曰本初のマグロをテーマにした商業旋設「街のみなとまぐろパーク」が8月24日に堺市にオープン。鮮魚専門店・回転寿司の大起水産(TEL 072-258-1001)が運営、マグロの解体ショーを見て、遊んで終日楽しめる。関空から外国人観光客も呼び込む。

「私の長年をが叶うことになりました。飲食、ショッビング、遊ぶところが1つになった場所。お魚のおいしさを感じてもらう食のテーマバークにしたい」と、佐伯保信会長。

まぐろパークでは、毎日5-20本の解体ショーを実施、新鮮なマグロをその場で食べられる。今回初めて自動巻き寿司ロボットも導入、にぎわい。「便利さと美味しさが一緒になり、リーズナブルな値段で味わっていただきます」と、佐伯会長は特色を話す。

まぐろパークでは、毎日5-20本の解体ショーを実施、新鮮なマグロをその場で食べられる。今回初めて自動巻き寿司ロボットも導入、にぎわい。「便利さと美味しさが一緒になり、リーズナブルな値段で味わっていただきます」と、佐伯会長は特色を話す。

また、オープン初日はラジオ大阪の「天下の台所大阪元気な食の企業」の公開録音が行われ、会場を盛り上げた。マグロ解体ショ—は液晶ビジョンでフードコートからも見ることが出来る。キッズコーナーも併設し、魚のつかみ取り(不定期開催)など親子で楽しめるイベントも行う。

開店時間は朝の9時から夜の9時まで。朝からランチ、ディナーまで楽しめる。既存の回転寿司、海鮮レストランを合わせると席数は690席にのぼり、1つのエリアでこれだけの人数が食べられるのはここだけ。

関空利用の外国人観光客に、立ち寄ってもらえる世界に向けた観光スポットにしたい計画。堺から日本初のマグロのワンダーランドが世界にへ発信する。




ご案内

◎【NHKおはよう関西】/毎月出演!/◎【MBSラジオ】/毎週日曜日8:30~出演!

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2018年11月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113