Person 人 ひと

一瞬のチャンスを逃さない!

大幸工業社長  浜野 廣美さん

2020年1月 1日

◆釣りが趣味だそうで…

「毎年4-6月ごろにかけて、1週間程度出張行きます。宮古島周辺へマグロ釣りに出かけているのです(笑)。でも、私の場合はただの趣味ではありません。自分を守るためでもあります」

◆え、どういうこと?

「父の急逝で社長になったのですが、その後、経営環境が急速に悪化、生き残るためにリストラをしました。極度のウツ状態で心臓もおかしくなり、医者に行くと趣味を聞かれたんです。子供の頃良く釣りに行ったことを話すと、すぐに海へ行きなさいと」

◆海へ行かれた。

「はい、大海原へ出ると、なんとそれまでの悶々とした気持ち、ストレスが音を立てて崩れて行ったのです。いっぺんに元気が甦ってきました。それ以来、マグロ釣りを続けているのです」

◆なるほど。

「12-13年前に367キロの本マグロを釣りました。今もその記録は破られていません。2位があの松方弘樹さんす。釣り仲間でしたが、実はたまたま松方さんがキャンセルされた船を借りて、この大物を釣ったです(笑)」

◆マグロ釣りは仕事にも。

「もちろん役立っています。異業種の経営者と関西釣りクラブを主宰しています。一瞬のチャンスを逃すと大物は釣れません。焦ってもダメ。いつも準備をしてチャンスをしっかり掴む。これはビジネスも同じですよ」

▽住所=大阪市住之江区平林南2-8-37
▽プロフィール=大幸工業、大阪ベントナイト事業協同組合を核にした大幸グループを形成。土木・建設工事の施工及び請負、汚染土壌の調査・浄化関連事業、がれき類などの再資源化事業などを行う。




ご案内

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 


YouTube
日本一明るい
経済新聞
2020年1月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113