これまでの記事

トレラーハウスに進出!税金や規制面での利点も多く事務所、飲食店など多彩な活用

シンセン住宅販売

2024年1月31日



シンセン住宅販売(☎06・6616・8522)は、トレーラーハウス事業に進出、3件の受注に成功した。税金や規制面での利点も多く、事務所、飲食店など多彩な活用が期待、令和6年にはリゾート向けも含め20棟の販売を見込んでいる。

大阪市北区曽根崎新地2丁目に本店を置く。年間新築一戸建て年間30-40棟の販売実績を誇る。建て替えをはじめ個性的住宅づくりで高い評価を得ている。

「住宅事業では建築材料、地価が高騰、影響を受けない何か新しいことをやりたいと思っていました」と、今井孝明社長。そこで始めたのが、土地が要らないトレーラーハウスだ。

「車両扱いで固定資産税がかかりません。建築確認申請も必要ありません。移動でき、自由な場所に設置できます」と。基礎のシャーシーを輸入、滋賀県竜王町の自社トレーラーハウスヤードで製作する。

標準タイプは間口3m×長さ8m、特殊車両では同3m×同11mもある。守口市南寺方のモデルハウスには、3台のトレーラーハウスが設置。また、サウナルームも販売している。

価格は標準タイプの置くだけで500万円から、水回りなどフル装備で800万円から。令和5年発売以来3件の受注に成功。第1号の案件、病院・介護施設の空き地に設置する事務所と接客ルーム用トレーラーハウス2棟が2月にも完成予定。

和歌山では釣り、ダイビングなどリゾート向けのトレーラーハウスも計画、今年5月にも販売したい計画だ。


▶▶▶▶▶▶【YouTube】4/10^UP


▶魅力と驚きが詰まった作品展


三田理化工業社長 千種 純さん

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113