これまでの記事

新規事業として燃料電池発電システムに挑戦。2025年度にも災害向け非常用電源としてサンプル出荷を目指す

神戸市西区の阪神機器

2024年2月29日



神戸市西区の阪神機器(☎ 078・974・0037)は、新規事業として燃料電池発電システムに挑戦。すでに1kWのプロトタイプを開発し、小型化、軽量化に取り組んでおり、2025年度にも災害向け非常用電源としてサンプル出荷を目指している。

神戸市西区伊川谷町に本社工場と中国、そして新たにタイにも進出。創業は1926年。ナット製造からスタート、電気機器、板金塗装、機械加工と総合力を発揮する。

2015年には神戸市の呼びかけに応じ、中小企業向け水素事業クラスター体である「神戸水素クラスター勉強会」に参画。「燃料電池をコアとする発電システムの開発を2017年度から始めました」と取締役・電気機器製造部長の黄勝義さん。神戸水素クラスター勉強会の会長も兼務する。

当初カナダ製の燃料電池(3kW)を使った発電システムの開発に取り組み、19年からは国産燃料電池(1kW)に切り替え、22年度には純水素燃料電池発電システム「Hydro.eLife」のプロトタイプを完成。

データをクラウドサーバーに集約、リモートで発電状況の確認やデータ分析ができ、どこでも発電が可能となるよう可搬式にした。「昨年は国内外の展示会に出品、現在小型化、軽量化などに取り組んでいます」と。

課題も多いが、「地震など自然災害では、水素燃料電池の強みが活かされる」とし、25年度にもサンプル出荷を計画。兵庫県立大学と共同で白金フリー触媒による燃料電池の研究、航空機電気装備品の研究にも着手。大企業に負けない最先端技術への挑戦を続けている。


▶▶▶▶▶▶【YouTube】4/10^UP


▶魅力と驚きが詰まった作品展


三田理化工業社長 千種 純さん

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113