竹原編集長の明るいコラム

遊び心でモノづくりが変わる (Free)

2011年5月22日

◎楽しくなければ、おもしろくなければ

最近、歴史のあるモノづくり企業さんが、新しいことに挑戦するところが増えています。そのキーワードが、楽しくなければ会社でない、おもしろくなければ仕事でないと、言った軽いノリ。遊び心です。

本来、長い歴史があると、ついつい社内体質も古臭いことになってしまいそうです。後を継いだ何代目かの若い社長さんが、その古い体質を打破し、新しい発想を打ち出しています。

◎Webサイトで棒鋼販売

 創業70余年の歴史を誇る鋼材商社さんは、インターネットを活用して鉄筋を販売するWebサイトを開設されました。建設向けの異形棒鋼の販売は、ほとんどが業務用の取引で、ネット販売される商品ではないと見られていました。

 しかし、実際には小口の注文もありますが、供給サイトではあまり力を入れてきませんでした。その小口需要に目をつけたのが、こちらの会社でした。

◎イメージキャラにアイアンマン

インターネットを活用することで、ビジネスにされたのです。今回のWebサービスはネットで鉄筋の注文を受けると、お客様に直接鉄筋を配達するため鉄配で“TEPPAI”と命名されました。これも遊び心です。

また、このWebサービスのイメージキャラクター「アイアンマン」を作成されました。棒鋼でかたどったデザイン。鉄人28号の雰囲気です。「ピザを注文するくらいの気軽さでサイトを利用してもらいたい」と、アイアンマンに期待されていました。

◎ゆるキャラ犬が人気

昭和13年の設立の吊り金具メーカーは、「目立たないモノづくり企業ですが、“笑顔”の絶えない明るい職場を目指したい」と、若い社長さんを先頭に、社員一丸で元気経営に取り組んでおられます。

その一環として、吊り具を犬の顔に見立てたキャラクターのシャックル犬を制作されました。ゆるキャラ「シャックル犬オーティー」の誕生です。犬のキャラクターが、ユーザーに吊り金具の安全な使い方などを啓蒙されます。

◎タケカワユキヒデの社歌

自社のニュースレターやクリアファイル、さらにブログやツイッターでも紹介。「営業先でもこれ何?」と話題になり、人気が高まっているそうです。

このほか、80余年の歴史を誇る攪拌機のメーカーでは、タケカワユキヒデさんの作曲による社歌をつくられました。

いずれも歴史のあるモノづくり企業ですが、若い指導者の下で、大きく変わろうとしています。中国など新興国とは違う新しい方向です。遊び心が日本のモノづくりを変えそうです。期待しましょう。




ご案内

◎9/03(火)・価値を造る経営革新
◎8/29(木)・関西オープンファクトリーシンポジューム

◎【日本一明るい経済新聞】販売店でも好評発売中
・TSUTAYA BOOK STORE 梅田MeRISE・ジュンク堂大阪本店

お問い合せ 



YouTube
日本一明るい
経済新聞
2019年8月号



twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113