竹原編集長の明るいコラム

ウソクサイ節電でこの夏は暑い!(Free)

2011年8月13日

◎冷えてない、薄暗い

 大阪でも節電の動きが、進んでいます。電車に乗っても、あまりひんやり感はありません。外より、ちょっとましかなという車両も多いです。

 照明も結構薄暗いです。確かに、冷えすぎ、明るくし過ぎはこの時期、問題があります。でも、この節電の動きに悪乗り、お客様を軽視した節電も多いような気がしてなりません。

◎消費者節電で我慢

 例えば鉄道や商業施設。企業にとっては、節電という大義名分で、エネルギーコストの節約ができ、こんなエエことありません。

 節約分を運賃など料金に反映してもらえれば良いですが、そんなことを言う人は誰もいません。消費者は節電の名のもとに、じっと我慢しています。

◎待合室と駅長室どっちが大事

 先日、東大阪、奈良方面の私鉄の駅にあります待合室に入りました。窓を開けてお客様へ節電のお願いをされています。クーラーが完全に止まっています。待合室ぐらい、ちょっと冷やしてもらいたいです。おばあちゃんも苦しそうです。

 ボクは我慢できずに、隣に設置された自動販売機で、冷たいお水を買ってしまいました。ところが、その駅の駅長室にはちゃんとクーラー入っていました。これって、ちょっとおかしいと思いません。

◎電気予報でクーラー入れて

 例えば、今の電力需給は電気予報で簡単に見ることができます。80%代以下なら待合室にクーラーを入れてもらっても、なんら問題がないと思います。電力に余裕があるときでも、クーラー入れないのは、節電ではなく消費者無視のコストダウンだと思います。

 お客様や社会のためと言いながら実際には、自社の利益のためなのです。本当に消費者のためなのか、疑ってしまいたくなります。

◎クーラー1時間タイマーで朝まで

 最近、新聞、テレビでよく見せられるサプリメントの宣伝。これも、お客様の健康のためと言いながら、これで儲かっているのは、あんたやないか!と突っ込みたくなってしまいます。

 東日本大震災復興のためと言って増税を検討するのも、同じようなもんです。無駄なお金をいっぱい使っているのに…。

 ボクも夜は、クーラー1時間のタイマーで朝までつけない努力をしています。節電ためではありません。ボク自身の健康と電気代節約のためです。結果として、節電なれば良いと思います。ウソクサイ節電は、夏を一層暑苦しくしています。

▶明るいコラム12/02up
毎週末更新


【YouTube】11/25^UP


▶▶▶▶人:勝本 翔 さん


▶明るいセミナー12/11

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113