竹原編集長の明るいコラム

新製品出さない、付加価値戦略

2011年10月 8日

◎長く続けること大事

長く続けることは、ほんまに大事なことです。先日、兵庫県西宮市にあるサイダー会社を取材しました。本社ビルの上部層は、マンションになっていました。

この会社は110余年歴史を誇る会社です。西日本でサイダー事業に乗り出した一番古い会社でもるそうです。もともとは、六甲山の麓に工場があったのですが、水害で流されて現在の西宮市に引っ越して来られました。

◎赤道でも腐らない

「今はタンクローリーで六甲山からこちらへ運んでいます」と社長さん。女性社長さんで、なかなか元気があります。サイダーのほか、ミネラルウォーターも製造販売されています。

「聞いた話では、昔は神戸港へ訪れた外国船は、うちの水をたくさん積み込んで行ったそうです。赤道を渡っても、うちの水は腐らないと言われていました」と。

◎売り上げは順調

なかなかの名水だったそうです。その名水を活用して、サイダーをつくって110年以上になるとは、たいしたもんです。一時期は、大手の飲料水メーカーにおされて、本当に細々とやっておられましたが、最近はフォローの風が吹いているようです。

「炭酸飲料が最近は大手も力を入れており、その影響でサイダーが見直されています」と。さらに、地域に密着した地ビールと同様に地サイダーも注目されているのです。この夏は、売り上げも順調だったようです。

◎知られていない価値

ナショナルブランドが浸透すると、こんどは逆に地元だけの地サイダーが注目されるのです。これまでは、高級ホテル、料亭などで同社の地サイダーが売られていましたが、最近は一般消費者がインターネットで購入されるケースも増えています。

希少価値として、地サイダーが受け入れられているのです。街の酒屋さんでは置いていないサイダーが人気を呼んでいるのです。知られていないのも、ブランド価値がるのです。

◎長く続けることに価値

長く続けることが、価値を生む。古いものに価値を見出す。社会が成熟化してきたら、ビジネスのやり方も変わります。「新製品は当面出す予定はありません」と、女性社長の言葉。新製品を出さないのも、立派な戦略だと思いました。


▶▶▶▶▶▶【YouTube】5/9^UP


▶発刊!関西元気な経営者の
ぶっちゃけトーク3


A fresh 代表髙島 克子さん

応援・協力

明るい認証制度「AKS0041」

日本一明るい経済新聞は、明るいシステム倶楽部の協力を得て、職場を明るくする認証制度をスタートしました。

(続きを読む)...

本誌をバックアップ!! 財界アドバイザー

「日本一明るい経済新聞」は、各種財界人からのバックアップを受けております。

(続きを読む)...

KANSAI仕事づくりの会

KANSAI仕事づくりの会は、「αゲル」「曲面印刷」を開発した、アース研究会会長である中西幹育氏を囲み...

(続きを読む)...

twitter 日本一明るい経済新聞 編集長 竹原信夫

Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file kernel/block.php(136) : eval()'d code line 41
Warning [PHP]: opendir(/virtual/119.245.206.194/home/system/modules/blog/images/caticon): failed to open dir: No such file or directory in file class/xoopslists.php line 113